• 新着 & おすすめ
  • 食生活
  • 牛乳と健康
  • 子供の健康と成長
  • 骨について
  • 連載コラム
  • 食の安全
  • 放射性物質、BSE関連情報

食の安全

牛乳の気になるウワサをスッキリ解決!

いつの頃からでしょうか、牛乳にまつわる「ウワサ」が聞こえてくるようになりました。 そんな牛乳の気になるウワサをスッキリ解決!しましょう。  

2016年3月31日

東日本大震災における酪農乳業界の活動ページのご案内

東日本大震災で被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。 次のページでは、東日本大震災における酪農乳業界の活動を紹介させて頂いております。

2012年10月1日

「厚生労働省研究班による多目的コホート研究:乳製品、飽和脂肪酸、カルシウム摂取量と前立腺がんとの関連について」に関する見解

平成20年4月16日に発表された、表記コホート研究の結果についての見解を発表しました。

2008年4月22日

「病気にならない生き方」の著者新谷弘実氏への「公開質問状」について

平成19年12月18日(火)東京・大手町のサンケイプラザにおいて、新谷弘実医師の回答書の内容等について牛乳乳製品健康科学会議による記者発表を行いました。当日の配布資料を公開いたします。

2007年12月18日

牛乳パックの切欠き

2007年10月24日

牛乳についてのとんでもない話(牛乳乳製品健康科学会議監修)

そんなことはありません。牛乳をホモゲナイズしても乳脂肪の酸化は進みません。 「錆びた脂」などになることもなく、体に悪い影響を与えることもありません。 ホモゲナイズは牛乳工場の製造工程において乳脂肪を高い圧力で砕いて細かくすることで、脂肪が浮上してクリームが分離してしまうことを防止することと、消化...

2006年11月30日

期限表示を知って牛乳をおいしく飲みましょう

牛乳類の期限表示には、賞味期限と消費期限の2種類があります。 賞味期限や消費期限は法律で一律に決められたものではなく、メーカーが基準に沿った保存テストをして、保存方法(主に保存温度)と期限も決めるのです。 賞味期限や消費期限は、保存方法を守って初めて意味があるのです。 開けてしまえばこ...

2003年12月1日

夏だからこそ、牛乳をおいしく保存

牛乳は、搾乳して、工場で製品となり、店頭に並び消費者の手元に届くまで、加熱殺菌するとき以外は、5℃前後に保たれています。一般家庭の冷蔵庫より常に低い温度を保つことにより、品質が低下しないように気を配っているのです。 それでは、家庭ではどのような点に注意すべきでしょうか。

2001年8月1日

バターの扱い方や長持ちさせるコツ

【1】使う分だけを冷蔵庫から出しましょう バターは一度溶けてしまうと組織が壊れてしまいます。溶けてしまったバターをまた冷やしても、風味はもとに戻りません。使う分だけを取ったら残りは即、冷蔵庫へ。 【2】冷凍バターは、いったん冷蔵室へ移してから室温へ 冷凍しておいたバターをいきなり室温下に置...

2001年7月1日

ページトップへ