平成28年度第1回生乳検査精度管理認証制度 信頼性確保部門責任者等研修会

■会議報告トップへ・・・Jミルク会議報告

下記の通りに実施されましたので、お知らせいたします。

1.研修会名

  平成28年度第1回生乳検査精度管理認証制度 信頼性確保部門責任者等研修会

2.開催日時

平成28年6月30日(木)13:30~17:00 

3.開催場所

乳業会館3階 C会議室

4.参加者

平成28年4月1日認証更新施設16名、乳技協3名、事務局4名  計23名

5.内容

1.挨拶
(一社)Jミルク 丸山常務理事 

2.研修内容・要旨
(1)「信頼性確保部門責任者の役割・重要性」
認証制度における信頼性確保部門責任者・指定者の役割、重要性を認証規程に基づき俯瞰的に説明されました。

(2)「具体的事例に基づく内部点検のケーススタディ」
信頼性確保部門責任者・指定者の役割を実際にあった事例を挙げながら、責任者・指定者が果たす役割は検査精度管理認証制度の維持のみならず事業所の精度管理向上に重要であることを確認する内容が説明されました。
※上記(1)、(2)はJミルク事務局より説明

(3)「内部精度管理の評価と内部点検について」
(公財)日本乳業技術協会太田事業部長より、精度管理の考え方、内部精度管理について考え方、具体的事例による評価手法が説明されました。
さらに認証審査時に「適」とされた事例、「不適」とされた事例32事例を紹介しながら、内部点検のポイントが丁寧に説明されました。

(4)意見交換
参加申し込みと合わせて認証制度運営上の要望等を事前に提出頂きそれらについて意見交換を行った。主な要望事項は次の通り。
・当研修会の開催回数増加等への要望
・体細胞測定のおける許容範囲の取り扱いへの要望
講義内容の質問も併せて活発な意見交換が行われました。

(5)その他
今回の参加施設は別表のとおり。今回都合で出席できなかった施設は次回研修会に案内いたします。

別表



2016年7月5日

生乳検査精度管理トップページへ

生乳検査精度管理

ページトップへ