平成29年度 全国生乳検査担当者研修会

■会議報告トップへ・・・Jミルク会議報告

下記のとおり実施されましたので、お知らせいたします。

1.研修会名

平成29年度 全国生乳検査担当者研修会

2.開催日時

平成30年3月13日(水)13:30 - 17:30 

3.開催場所

TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター

4.参加者

研修者:54名、講師:4名、検査機器販売店:11名、事務局:5名、総勢:74名 

5.研修内容

(1)主催者挨拶
  一般社団法人Jミルク 専務理事 前田浩史

(2)目的
  平成30年4月から改正畜産経営安定法施行(関係省令第十二条の二[年間販売計画の添付書類]として「生乳の検査方法を証する書類」が新たに規定)に伴い、国の生乳検査精度管理の在り方について、対応の窓口となる可能性の高い部署の方々の情報の取得と、最近の業界関心事項である「牛乳の風味問題」における課題や、業界としての取り組みについて共有化を図ることを目的として研修会を行いました。

(3)プログラム
【講演1】「改正畜産経営安定法に伴う生乳検査精度管理の在り方について」
農林水産省 生産局畜産部 牛乳乳製品課 課長補佐 金澤正尚 様
【講演2】「学乳の風味変化事案への対応方針について」
一般社団法人Jミルク 事務局長 百木薫
【講演3】「牛乳風味異常と遊離脂肪酸(FFA)検査について」
北海道酪農検定検査協会 専務理事 熊野康隆 様
北海道酪農検定検査協会 生乳検査部次長 小板英次郎 様
【生乳検査機器販売店からの情報提供】
(株)エヌエスピー 様、フォス・ジャパン(株) 様、富士平工業(株) 様
【Jミルクからの連絡事項】
生乳検査精度向上事業について、平成30年4月1日をもって公益財団法人日本乳業技術協会へ移管することについて報告 

6.情報交換懇親会

研修会で感じた内容、普段から抱えている課題等について、組織の垣根を越えて、意見交換・情報交換を行いました。

※ご協力いただきましたアンケートにつきましては、今後の事業や研修会開催の参考にさせていただきます。ご参加いただきました皆様に感謝申し上げます。
以上
 

2018年3月26日

生乳検査精度管理トップページへ

生乳検査精度管理

ページトップへ