平成25年度 第1回Jミルクエビデンスセミナー

■業界向けセミナーのトップへ

※ 本セミナーは修了しました。多数のご来場を頂き、ありがとうございました。

平成25年度 第1回Jミルクエビデンスセミナー開催要領

 1.目的
Jミルクは、牛乳乳製品の価値向上に繋がる最新のエビデンス等を提供する場として、業界向けのエビデンスセミナーを開催します。
 

2.趣旨
今回は、下記のテーマについてのエビデンス情報の紹介を行います。Jミルクの外部連携組織である「牛乳乳製品健康科学会議」の調査研究により、<牛乳乳製品の摂取量が多い人ほど、メタボリックシンドロームが少ない>ことが報告されています。そして、最新の介入研究にて<牛乳乳製品摂取が血圧の低下に作用する>ことが判明しました。
近年、高血圧有病者が年々増加しており、「減塩」の重要性が高まっています。しかしながら、現在の食生活では「減塩」も限界にきているのが現状であります。
そこで今回のセミナーでは、牛乳の価値向上を図るべく、最新のエビデンス<牛乳の血圧降下作用>のご紹介と、乳を利用したおいしい減塩食<乳和食(にゅうわしょく)>をご提案します。 

3.日時、場所

【東京会場】

平成25年6月17日(月)14時00分~16時00分
「KKRホテル東京」11F/孔雀の間

東京都千代田区大手町1丁目41 ℡03-3287-2921


4.演題(内容)、講師
 ・「牛乳・乳製品摂取と運動による血圧低下の可能性」-日本における介入試験の結果速報より-
  女子栄養大学 栄養生理学研究室 教授 上西一弘先生

 ・「ミルクでおいしく減塩 乳和食レシピ」
  料理家・管理栄養士 小山 浩子先生

5.参加申し込み(セミナー無料)
 下記の参加申込書‐1を、FAX(03-6226-6354)にて、610日(月)までにご連絡願います。

6.その他
 お申し込みは、直接Jミルクまで申し込み下さい。各会場ともに席に余裕がございますが、必ず期日までにお申し込み願います。 

 ※当日は、乳和食レシピ3品をご試食いただけます。
 ※ご来場いただいた方全員に、レシピ本『目からウロコのおいしい減塩 乳和食』(主婦の友社・6/12発売予定)を差し上げます。


レシピ本最新刊


”おいしい減塩”乳和食3品

講師紹介

上西 一弘氏

女子栄養大学 栄養生理学研究室 教授 

1986年 徳島大学大学院栄養学研究科 修士課程修了
1991年 女子栄養大学助手、講師、助教授を経て2006年より教授
管理栄養士、博士(栄養学)
専門は栄養生理学、とくにヒトを対象としたカルシウムの吸収・利用に関する研究、身体計測とライフスタイルをあわせた栄養評価など。
著書:栄養素の通になる(女子栄養大学出版部)、骨粗鬆症の人の食事(女子栄養大学出版部、共著)、カルシウムと骨(朝倉書店、共著)など。
日本人の食事摂取基準(2005年版、2010年版)ミネラル策定ワーキングメンバー
骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会委員

小山 浩子氏

 料理家・管理栄養士 

大手食品メーカー勤務を経て、2003年フリーに。出張スタイルの料理教室を立ち上げ、コーディネーター兼講師として活躍。これまでに1000会場、3万人以上に教授。また、『料理を料理する』をモットーに生活者視点でメニュー開発に取り組み、徹底的に調理、食材の無駄を見直したオリジナルメニューは1000レシピ以上。これらのレシピはおいしくて、おしゃれで誰でも簡単に作れるという評判をいただいており、日本経済新聞をはじめ、多くのマスコミでこれまでに多数取り上げられております。また、食育をテーマにした講演会も全国で実施。著名人や大学教授と一緒にパネリストとして出演。現在は年間100会場以上の講演と出張料理教室をこなしながら企業のメニュー開発や雑誌へのレシピ、栄養コラム執筆、テレビ出演等幅広く活動。食の自立の支援を目的にした食育教室も小学校等で実施。親子クッキングのレシピも多数手がける。最近では、節電、メタボ、アンチエイジング等時代を先取りしたイベントも全国各地で開催。
著書:「頭の良い子に育つ育脳レシピ」 日東書院発行、「暮らし方がかわるおうちでごはんを愉しむIHクッキング」小学館発行、「乳和食」(仮題) 主婦の友社より6月出版予定など

お申し込み

参加費は無料となっております。
申込み書を、ダウンロード、印刷してからご記入いただき、FAXにてお申し込みください。

2013年6月17日

申し込み書のダウンロード

2ページ目に会場案内図がございます。

参加申込書-1 PDF (418KB)

ページトップへ