平成25年度 第2回Jミルクエビデンスセミナー

■業界向けセミナーのトップへ

※本セミナーは修了しました。多数のご来場をいただきありがとうございました。

平成25年度 第2回Jミルクエビデンスセミナー開催要領

 1.目的
Jミルクは、牛乳乳製品の価値向上に繋がる最新のエビデンス等を提供する場として、業界向けのエビデンスセミナーを開催します。
 

2.趣旨

今回は、下記のテーマについてのエビデンス情報の紹介をおこないます。
J ミルクの外部連携組織である「牛乳乳製品健康科学会議」の調査研究により、<牛乳乳製品の摂取量が多い人ほど、メタボリックシンドロームが少ない>ことが報告されています。そして、最新の介入研究にて<牛乳乳製品摂取が血圧の低下に作用する>ことが判明しました。
近年、高血圧有病者が年々増加しており、「減塩」の重要性が高まっています。しかしながら、現在の食生活ではその「減塩」も限界にきているのが現状です。
そこで今回のセミナーでは、牛乳の価値向上を図るべく、<高血圧と食塩摂取の関係>及び<牛乳乳製品の効用>のご紹介と、乳を利用した新しい減塩法<乳和食>をご提案いたします。 

3.日時、場所

【札幌会場】

平成25年9月3日(火)14時00分~16時00分
(受け付け開始13時30分)
「札幌パークホテル」3F/パークホール

札幌市中央区南10 条西3 丁目 ℡011-511-3131


4.演題(内容)、講師
・「高血圧と減塩」(仮)
  札幌医科大学学長・理事長 島本 和明氏

・「ミルクでおいしく減塩 乳和食レシピ」(仮)
  料理家・管理栄養士 小山 浩子氏

5.参加申し込み(セミナー無料)
 下記の参加申込書を、FAX(03-6226-6354)にて、823日(金)までにご連絡願います。

6.その他
 お申し込みは、直接Jミルクまで申し込み下さい。席に余裕がございますが、必ず期日までにお申し込み願います。 

 ※当日は、乳和食レシピ3品をご試食いただけます。
 ※ご来場いただいた方全員に、レシピ本『目からウロコのおいしい減塩 乳和食』(主婦の友社・6/12発売予定)を差し上げます。


「乳和食」レシピ本を参加者全員に進呈いたします。


”おいしい減塩”乳和食3品をご試食頂けます。

講師紹介

島本 和明氏

札幌医科大学学長・理事長

1971 年、札幌医科大学卒業。関東逓信病院内科にて研修ののち札幌医科大学第二内科入局。
1973 ~ 75 年、東京大学医学部第三内科に国内留学(内分泌と高血圧の研究)。
1975 年、札幌医科大学第二内科。1978 ~ 80 年、米国サウスカロライナ医科大学に留学。
1980 年、札幌医科大学第二内科講師。1984 年、同助教授。1996 年、同教授。
2004 年、札幌医科大学付属病院病院長。2010 年、同大学学長・理事長、現在に至る。
日本高血圧学会、国際高血圧学会、日本老年医学会、日本心血管内分泌代謝学会、日本動脈硬化学会などの理事を務める。

小山 浩子氏

料理家・管理栄養士

大手食品メーカー勤務を経て、2003 年フリーに。出張スタイルの料理教室を立ち上げ、コーディネーター兼講師として活躍。これまでに1000 会場、3 万人以上に教授。また、『料理を料理する』をモットーに生活者視点でメニュー開発に取り組み、徹底的に調理、食材の無駄を見直したオリジナルメニューは1000 レシピ以上。これらのレシピはおいしくて、おしゃれで誰でも簡単に作れるという評判をいただいており、日本経済新聞をはじめ、多くのマスコミでこれまでに多数取り上げられております。また、食育をテーマにした講演会も全国で実施。著名人や大学教授と一緒にパネリストとして出演。現在は年間100会場以上の講演と出張料理教室をこなしながら企業のメニュー開発や雑誌へのレシピ、栄養コラム執筆、テレビ出演等幅広く活動。食の自立の支援を目的にした食育教室も小学校等で実施。親子クッキングのレシピも多数手がける。最近では、節電、メタボ、アンチエイジング等時代を先取りしたイベントも全国各地で開催。

著書:「頭の良い子に育つ育脳レシピ」 日東書院発行、「暮らし方がかわる! おうちでごはんを愉しむIH クッキング」小学館発行、「目からウロコのおいしい減塩 乳和食」主婦の友社発行など

お申し込み

参加費は無料となっております。
申込み書を、ダウンロード、印刷してからご記入いただき、FAXにてお申し込みください。

2013年9月3日

申し込み書のダウンロード

2ページ目に会場案内図がございます。

参加申込書 PDF (351KB)

ページトップへ