平成25年度 Jミルク酪農乳業セミナー

■業界向けセミナーのトップへ

※本セミナーは修了しました。多数のご来場をいただきありがとうございました。

平成25年度 Jミルク酪農乳業セミナー開催要領

1.目的
本法人は、生乳及び牛乳乳製品の流通に係る共通課題への取り組みを推進するための議論や学習・研究の場として、酪農乳業セミナーを開催する。

2.趣旨
 以下の2テーマについて、情報の共有化を図る。
① 最近の酪農乳業情勢とその特徴、並びに次年度の予算概算要求からの今後の酪農政策の方向性についての情報共有化を図る。
② 昨年の北米干ばつの影響などからトウモロコシ・大豆価格を史上最高値に押し上げ、国際的な穀物市場の脆弱性が浮き彫りになった。また、円安の影響も加わり国内の流通飼料価格は高値を続けている。そこで、今後の国際的な穀物並びに乳製品など食糧の事情について、価格高騰の背景とともに情報提供し、酪農乳業共通課題としての取り組み推進への一助とする。

3.日時、場所
【岡山会場】 平成25年11月26日(火)14時30分~17時
「ピュアリティまきび」
〒700-0907 岡山県岡山市北区下石井2-6-41 TEL:086-232-0511

【福岡会場】
平成25年11月27日(水)14時30分~17時
「TKPガーデンシティ博多」
〒812-0011 福岡市博多区博多駅前3丁目4番8号 サットンホテル博多シティ 5F TEL:092-474-5145

4.演題(内容)、講師
(1)「最近の酪農乳業情勢と今後の方向性について」
農林水産省生産局 畜産部 牛乳乳製品課 担当官

(2)「今後の国際的な穀物・食糧市場の動向について」
㈱資源・食糧問題研究所 代表 柴田 明夫氏

5.参加申し込み (セミナー無料)
岡山・福岡会場毎に別紙参加申込書‐1・2を、FAX(03-6226-6354)にて11月20日(水)までにご連絡願います。
なお、各会場ではセミナー終了後に講師を囲んでの懇親会(有料:2,000円)を開催しますので、併せてご出欠のご連絡をお願いいたします。(各会場ともに17:15~19:00を予定)

6.その他
お申し込みは、各団体会員より直接Jミルクに申し込み下さい。各会場ともに席に余裕がございますが、必ず期日までにお申し込み願います。

講師紹介

柴田 明夫氏

略歴
1951年生まれ、東京大学農学部農業経済学科卒
1976年 丸紅㈱に入社、鉄鋼第一本部、調査部
2000年 業務部経済研究所産業調査チーム長
2001年 丸紅経済研究所主席研究員
2003年 同副所長
2006年 同所長
2010年 同代表
2011年10月 ㈱資源・食糧問題研究所を開設、代表に就任

主な委員歴
・農林水産省「食料・農業・農村政策審議会」臨時委員(2005/4~)
・資源開発委員会委員(注:和光大学岩間剛一教授を委員長に、石油天然ガス金属鉱物資源機構
新日本石油開発、帝国石油、国際開発センター、国際石油開発、日本エネルギー研究所、富士通総研、中東経済研究所、東京ガスなどがメンバー)
・農林水産省「国際食料問題研究会」委員(2007/3~)「資源経済委員会」、農水省農業政策研究所機関評価委員会、国土交通省「国際バルク戦略港湾検討委員会」等委員。

連載
・毎日新聞社 週刊「エコノミスト」誌 商品(原油)市況欄
・時事通信社「アナリストの目」原油市場分析
・コモデティドットコム

学会関連
・(社)エネルギー・資源学会
・(社)フードシステム学会

学校関連
・法政大学大学院政治学研究科国際政治学 非常勤講師
・日本大学経済学部非常勤講師

お申し込み

申込み書をダウンロード、印刷してからご記入いただき、FAXにてお申し込みください。

2013年11月26日

申し込み書のダウンロード

2ページ目に会場案内図がございます。

2013年11月26日(火)開催 【岡山会場】 参加申込み書 PDF (346KB)
2013年11月27日(水)開催 【福岡会場】 参加申込み書 PDF (140KB)

ページトップへ