生乳及び牛乳乳製品需給見通し等説明会

■業界向けセミナーのトップへ

※ 本説明会は終了しました。多数のご来場を頂き、ありがとうございました。

生乳及び牛乳乳製品需給見通し等説明会開催要領

1.趣 旨
最近の酪農生産基盤の弱体化は、過去に経験がないほどの深刻な状況を呈すに至っている。その背景には、酪農経営の高コスト化、高齢化、担い手不足などによる廃業の増加がある。これまでは大規模化・法人化・作業の外部化等により補完した経緯にあるが、現状では投資が滞り、生産基盤弱体化への歯止めが喫緊の課題となっている。

需給面においては、バター不足が社会問題化する一方で、国際乳製品は新興国等の台頭による需要の増加、価格の上昇が見込まれ、このままであれば、酪農製品の安定供給に支障を来す恐れさえ予想されるところである。
このような直近の需給構造下において、当法人では、最近の酪農乳業を取り巻く需給情勢の共有化並びに当法人の活動に対する意見収集を目的として、この度、生乳及び牛乳乳製品需給見通し等説明会を開催することとした。

2.開催日時及び場所
(1)札幌会場
日時:平成27年2月20日(金) 13時30分~16時
場所:TKP札幌駅カンファレンスセンター「カンファレンスルーム2B」
住所:札幌市北区北7条西2-9ベルヴュオフィス札幌2F 電話011-252-3165

(2)東京会場
日時:平成27年2月24日(火) 13時30分~16時
場所:TKP東京駅前カンファレンスセンター「ホール4A」
住所:東京都中央区八重洲1-5-20石塚八重洲ビル4F 電話03-4577-9266

(3)大阪会場
日時:平成27年2月25日(水) 13時30分~16時
場所:TKPガーデンシティ大阪梅田「カンファレンスルーム9A」
住所:大阪市福島区福島5-4-21TKPゲートタワービル9F 電話06-4400-5253

3.セミナーの内容
(1)「平成27年度生乳及び牛乳乳製品の需給見通しについて」:Jミルク 企画情報グループ

(2)「平成27年度の生乳計画生産対策について」:中央酪農会議

4.対 象 者 (Jミルク会員並びに業界関係者、報道関係者)

生産者団体関係者、乳業関係者(原料調達部門、営業部門、商品開発部門等)、牛乳販売店関係者、牛乳普及協会、
行政、報道関係者

5.参加申込み (無料)

参加申込書は、2月6日(金)までに別紙「参加申込書」を
FAX(03-6226-6354)
にて送り下さい。
以 上
 

お申込み

申込み書を、ダウンロード、ご記入いただき、印刷してFAXにてお申し込みください。

2014年12月26日

開催要領、申込み書のダウンロード

生乳及び牛乳乳製品需給見通し等説明会開催要領 PDF (184KB)
2ページ目に参加申込み書がございます。

ページトップへ