平成27年度 酪農乳業食育推進研修会

■業界向けセミナーのトップへ

本セミナーは終了しました。多数のご来場を頂きありがとうございました。
下記より実施報告をご覧ください。

実施報告

平成27年度 酪農乳業食育推進研修会 開催要領

 1. 目的
J ミルクは、酪農乳業関係者における酪農や牛乳を活用した食育活動を教育関係者のニーズを踏まえて推進するため、食育推進研修会を開催する。

2. 趣旨
牛乳は学校給食で毎日提供され一番身近な食品であり、生きた教材として取り上げられやすいと考えられる。
しかしながら、学校現場においては毎日出される牛乳そのものの特徴の理解が浅く、味覚に敏感な児童生徒からの訴えによる、異味異臭事案が発生することも少なくない。
そこで今回の研修会では、牛乳が持つ特性やおいしさを学校給食を通して教育現場で伝えていくため、牛乳を活用した味わい教育とあわせて、J ミルクで昨年発刊した「牛乳は生きている」の利用を図りながら専門家の講演及びワークショップにより、牛乳を活用した食育推進に資するための研修会を開催する。

3. 日時
平成27 年9 月29 日(火) 14:00~17:00

4. 場所
大手町サンケイプラザ 3F 301・302 会議室
東京都千代田区大手町1-7-2 (TEL03-3273-2257)

5. 内容
1) 講演
(1) 演題:「牛乳を活用した味わい教育のすすめ」
講師:学習院女子大学 教授 品川明 先生
(2) ワークショップ:「牛乳は生きている」を活用した食育活動の実践
2) J ミルクの食育活動について(報告)
3) 情報交換会
研修会終了後、同会場 310 会議室にて開催 17:00~18:30 (会費2,000 円)
※当日受付にてお支払お願いいたします。

6. 参加費
無料(交通費は各自ご負担願います)

7. 参加対象者
① 酪農乳業食育関連担当者・体験活動担当者・マーケティング担当者・営業担当者等
② 教育関係者
③ メディア

8. 参加申し込み
別紙「参加申込書」を、FAX(03-6226-6354)にて、9 月16 日(水)までにご連絡願います。

9. その他
お申し込みは、直接J ミルクまで申し込み下さい。席に余裕はございますが、必ず期日までにお申し込み願います。
以上

平成27 年度酪農乳業食育推進研修会プログラム


※冊子「牛乳は生きている」は、参加される方には当日配布いたしますが、以下のウェブサイトからご覧いただけます。
■ 「牛乳は生きている」(Jミルク)

講師紹介

品川 明 氏
学習院女子大学 教授
東京水産大学卒、東京大学大学院農学系研究科水産学専攻修了 農学博士

【専門分野】
味覚に与える食生活の影響、二枚貝の成分含量と生態系との関わり、問いかけベースの体験型の科学教育と環境教育、教えない教育とは
<研究分野>
感覚・味覚教育、環境教育、人・食・環境コミュニケーション、海洋生理生態学、食品化学

【主な研究業績】
(著書)
アサリの代謝生理からみた貧酸素の影響とその対策,「アサリと流域圏環境(水産学シリーズ)」,恒星社厚生閣,共著(2009)
無脊椎動物の含窒素エキス成分,「魚介類のエキス成分(水産学シリーズ)」,恒星社厚生閣,共著(1988)
スーパーカード図鑑 海の生き物・さかな,交通新聞社,単著(2011)
(論文)
諫早湾のアサリ養殖場における夏季大量へい死対策-底層溶存酸素の改善試験、水産工学、47(1)、53-62.共著(2010)
低塩分がアサリの生残、血リンパ浸透圧および軟体部水分含量に与える影響、水産増殖、56(1)、127-136.共著(2008)

お申し込み

下記からダウンロード、印刷、ご記入いただき、FAXにてお申し込みください。

2015年7月29日

開催案内、申し込み書のダウンロード

平成27年度 酪農乳業食育推進研修会 PDF (331KB)

ページトップへ