平成28年度 酪農乳業みらいセミナー開催のご案内 (大阪・東京・札幌・福岡)

■業界向けセミナーのトップへ

※本セミナーは終了しました。多数のご参加をいただきありがとうございました。

平成28年度 酪農乳業みらいセミナー開催のご案内

大阪・東京・札幌・福岡

酪農乳業においては、これまで経験したことのない構造変化に直面し、大きな転換期を迎えているところです。酪農家戸数や飼養頭数の減少を食い止め生産基盤の強化や国際化の進展、法・制度の改革など様々な課題を解決していく必要があります。
Jミルクにおいては、ミルクの総合的な価値を訴求するため「乳の学術連合」と連携し、医療・栄養・経済・食文化・教育等の研究者による研究の推進や情報収集を実施しています。
この様な状況を踏まえ、乳の学術連合の研究者から、将来の牛乳乳製品の産業・食品としての価値を発信することにより、酪農乳業関係者と日本の酪農生産や牛乳乳製品の「みらい」について考え、見つめ直す機会をつくることを目的としてセミナーを開催します。
 
1. 日時・場所
 会場  日時  開催場所 地図  定員
大阪  平成28年8月2日(火) 13:30~16:45 AP大阪梅田茶屋町 8F E+F
大阪市北区茶屋町1-27ABC-MART梅田ビル
大阪会場(PDF)  60名
東京  平成28年8月4日(木) 13:30~16:45  ベルサール東京日本橋 4F RoomD+E
中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー
東京会場(PDF)  130名
札幌  平成28年8月19日(金) 13:30~16:45 ACU(アキュ) 1606 大研修室
札幌市中央区北4西5アスティ45 16F
札幌会場(PDF)  60名
福岡  平成28年10月14日(金) 13:30~16:45 JR博多シティ 9F 会議室1
福岡市博多区博多駅中央街1-1 AMU
福岡会場(PDF)  60名
(詳細は別紙プログラムをご参照ください)

2 講演内容・講師
1) 大阪・札幌会場
(1) 演題:「日本農業の持続可能性と酪農乳業の役割」
講師:名古屋大学大学院 教授 生源寺眞一 先生
(2) 演題:「ヒトにとって牛乳はどのような食品なのか?-食品科学からみた牛乳の特別な意義-」
講師:東北大学大学院 教授 齋藤忠夫 先生

2) 東京・福岡会場
(1) 演題:「人類にとってのミルク利用の意義-その起源と発達-」
講師:帯広畜産大学 准教授 平田昌弘 先生
(2) 演題:「日本人の栄養問題-その歴史的変遷と牛乳乳製品が果たしてきた役割-」
講師:神奈川県立保健福祉大学 学長 中村丁次 先生
 
3. セミナー参加費 無料(交通費は各自ご負担願います)

4. 参加対象者
酪農乳業関連者(生産者団体・酪農家・乳業者・牛乳販売店・畜産関係者等)
行政関係者
Jミルクサポートメンバー(乳の学術連合・栄養関係者・学校関係者等)
メディア
 
5. 申込締め切り
・大阪・東京会場 7月28日(木)
・札幌会場 8月12日(金)
・福岡会場 10月7日(金)

6. 本年度の新しい取り組み
セミナーの講演内容をより関係の皆様にご理解・ご活用いただけるよう、平成27年度のセミナーリポートをご参考にしていただき、事前質問を受け付けます。別紙「酪農乳業みらいセミナー講師への質問シート」にご記入いただきFAXまたはメールにてお送りください。
平成27年度酪農乳業みらいセミナーリポート
 
7. 本セミナーのお問い合わせ先
一般社団法人Jミルク 広報グループ: 関 芳和
TEL:03-6226-6351
FAX:03-6226-6354
E-mail:y-seki@j-milk.jp

お申し込み

下記からダウンロード、印刷、ご記入いただき、
FAX:03-6226-6354 または、
メール
添付:y-seki@j-milk.jp
にてお送りくだい。

2016年6月24日

開催要領、申し込み書のダウンロード

平成28年度 酪農乳業みらいセミナー 開催要領 PDF (267KB)
PDFファイル
参加申込み書、講師への質問シート Word (74.1KB)
Wordファイル

ページトップへ