Japan Milk Collection 2013

・2013年11月19日 「新たな価値」創造の売り場 デモンストレーションコーナーの配付資料、及び展示パネルをアップしました。
・2013年11月6日 フードサービス向け”ミルクメニュー・コレクション”レシピをアップしました。
・2013年10月25日 出展商品一覧表をアップしました。


史上初! 牛乳・乳製品企業の出展96社の規模で開催!
魅力的な特徴ある商品が、全国から850アイテム以上集合! 

国内最大規模で牛乳・乳製品の展示・商談会を開催!全国より集まった特徴ある商品との出会いが、皆様のビジネスの新たな可能性を拡げました。

ご報告

多数のご来場をいただき、誠にありがとうございました。

 ■10月30日(水)開催当日の会場の様子です。約4,000名のご来場をいただきました。


出展商品コンセプト

①    新しい機能性を持つ商品
②    地域の特徴を活かした商品
③    こだわりの製法を持つ商品
④    ユニークなコンセプトのある商品

出展商品

飲用牛乳類

牛乳、成分調整牛乳、低脂肪牛乳、無脂肪牛乳、加工乳、乳飲料
 

ヨーグルト類

はっ酵乳、乳製品乳酸菌飲料、乳酸菌飲料

チーズ類

ナチュラルチーズ、プロセスチーズ、チーズフード

バター類

バター

乳等を主要原料とした食品

国産の生乳、牛乳若しくは特別牛乳、又はこれらを原料として製造した食品を主原料とする食品
 

その他牛乳・乳製品を使用した食品

アイスクリーム、洋生菓子、生菓子など
 

 出展商品一覧表のダウンロードはこちら (PDFファイル)
※当日、受付にて配布致しました。

食品小売・フードサービス関係者向け特別企画

売り場創出に向けた牛乳・乳製品の新たな価値作りへの提案!

1.食品小売 
食品小売向けセミナー/15:00~16:00
■食育視点による「売り場」価値創造の可能性
「食育の視点」を「売り場」に加えることで、どんな「新しい価値」が小売現場に生まれるか、代表的な目玉商材でありながら価格訴求の「牛乳」を題材に、今後さらに望まれる価値創造型の「売り場」の姿を関連領域のマーケティング第一人者、上田先生ほか月刊『販促会議』中澤圭介編集長たちの議論を通じて探ります。
講師:上田隆穂氏 学習院大学経済学部教授 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
食育視点による新「売り場」提案!
■「新たな価値」創造の売り場 デモンストレーションコーナー
新しい価値創造の売り場実験(2014年2月予定)の概要をご紹介。来店者をライフステージ別に再定義し、地域栄養士との連携を図り、売り場を地域住民が健康的な生活をおくるための『食育の場』としていく新しい店舗コミュニケーションのご提案です。

*食品店舗を地域の「健康食育ステーション」へ (当日配付資料 PDFファイル)

*デモンストレーションコーナー展示パネル(PDFファイル)

※今後の具体的な実験内容については、メディアを通じてお知らせいたします。

2.フードサービス
フードサービス向けセミナー/11:00~12:00
■繁盛店から読み解く! ヒットメニューのキーワード ~2013年上半期のヒットメニュー&コンセプトを徹底解剖~
飲食店の最新動向をお届けするとともに、お客様の圧倒的な支持を誇る繁盛店の強さを徹底検証。ヒットメニューとコンセプトを解説します。
講師:大澤哲氏 柴田書店 企画編集室室長

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
フードサービス向け“ミルクメニュー・コレクション”
今までに1,000店以上の飲食店を繁盛に導いてきた、外食プロデューサーの青島邦彰氏(クーニーズ・アソシエ代表取締役)による牛乳・乳製品を活用し新しいコンセプトを打ち出したフードサービス向けメニュー提案コーナー。クッキングライブと6品のプレミアムメニュー試食が行われました。
メニュー提案:青島邦彰氏 株式会社クーニーズ・アソシエ代表取締役社長

当日ご試食いただいたミルクメニューのレシピをダウンロードできます。
フードサービス向け”ミルクメニュー・コレクション”レシピ (PDFファイル)

3.共催イベント
 第9回ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテスト!/13:00~14:30
央酪農会議が日本の風土・気候にあった独自の国産ナチュラルチーズの文化を創造することなどを目的に開催。農林水産大臣賞などの最終審査と表彰式、チーズの展示・試食を実施。

コンテストの結果はこちら(中央酪農会議のサイトへ)
【第9回ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテスト】結果発表 (PDFファイル)

出展者一覧はページトップのタブからご覧ください

概要

●主催 一般社団法人Jミルク
●共催 一般社団法人中央酪農会議、一般社団法人日本乳業協会、一般社団法人全国農協乳業協会、全国乳業協同組合連合会
●後援 農林水産省、独立行政法人農畜産業振興機構、公益社団法人日本栄養士会
    (平成25年度生乳需要基盤強化対策事業)

お問合せ

一般社団法人Jミルク 普及グループ
TEL.03-6226-6352

2013年11月19日

ページトップへ