• 新着 & おすすめ
  • 食生活
  • 牛乳と健康
  • 子供の健康と成長
  • 骨について
  • 連載コラム
  • 食の安全
  • 放射性物質、BSE関連情報

管理栄養士 吉野綾美

ミルクの国の食だより

第58回 フランスの学校給食 その1

コラム、「ミルクの国の食だより」の第58回をお送りします。
フランスの学校給食は、日本とはだいぶ様子が違うようです。

長かった夏休みが終り、新学期が始まりました。
フランスは9月が新年度のスタート。子どもたちは新学年へと進級します。

といっても、入学式や始業式のような式典はありません。
初登校日もあっけらかんと普通に始まるので、日本の習慣からすると何やら味気なさを感じます。
■新年度の初登校日でも入学式などの式典はなく、自分のクラスを名簿で確認して整列して待つ児童たち。この後、担任が各クラスまで児童を連れて行く。学校給食も初日から始まる



日本とフランスの学校給食

さて、長い休みが明けて学校給食が始まると、毎日の子どもの昼食作りから開放されてホッとする方も多いのではないでしょうか。

栄養面に最大限の配慮がされ、新鮮な素材を用いて、その場で一から料理され、教育の一環でもあり子どもたち自身に給仕を行わせていてる日本の学校給食。
毎日楽しみにしている子、食べるのが遅かったり、苦手なものまで食べないといけなくて嫌だなと感じている子などさまざまですが、子どもたちの毎日の学校生活に欠かせない時間です。

日本の様式とはだいぶ異なりますが、フランスにも学校給食はあります。
 

給食を利用しない子どもは帰宅して食事

フランスでは、すべての児童に学校給食が提供されているわけではなく、学校給食を利用するか否かは各家庭による選択制です。

利用回数は週に0回〜毎日(水曜を除く)まで、各家庭の事情によって選べるようになっています。
フランス全土でみると、幼稚園・小学校では63%、中学校・高校では69%の子どもが学校給食を少なくとも週一回は利用*しています。
利用頻度は学年が上がるにつれて増え、地域差もあります。

給食を利用しない子どもは、一旦帰宅して家庭で昼食を食べます。
給食費が高いこと、または宗教による制限やアレルギーがある、子どもが小さいから家庭で食べさせたい、など、その理由は家庭によりけり。

また、給食を日本のように各教室で食べるのではなく、構内か近所に併設された学校食堂に行って食べることもあって、こじんまりとした学校食堂を利用できる人数が限られているため、学校によっては共働きの家庭が優先され、給食を利用したくても制限されてしまうこともあります。

毎日お昼休みに子どもがご飯を食べに家に帰ってくる、なんてことは日本では考えられませんね。
フランスの公立幼稚園・小学校では昼休みが2時間以上あるので、送迎に時間がかかったとしても、家で昼食を食べるのに十分な時間があるのです。

*第2回全国食料消費調査2006‐2007年(INCA2)/食品安全・環境・労働省機関調べhttps://www.data.gouv.fr/fr/datasets/donnees-de-consommations-et-habitudes-alimentaires-de-letude-inca-2-3/

 ■2018-2019年度のリヨン市内公立幼稚園・小学校のスケジュール。8時20分~30分までに登校し、12時から給食の時間。家で食べる児童は一旦帰宅し、14時5分に再登校。学校の終了時間が16時45分なので、給食を利用しない児童の保護者は送迎で学校と家を3往復することになる


  ※このテーマは次号に続きます

2018年9月11日

管理栄養士 吉野綾美
1999年より乳業団体に所属し、食育授業や料理講習会での講師、消費者相談業務、牛乳・乳製品に関する記事執筆等に従事。中でも学校での食育授業の先駆けとして初期より立ち上げ、長年講師として活躍。2011年退職後渡仏、現在フランス第二の都市リヨン市に夫、息子と暮らす。

連載一覧はこちらからご覧いただけます。ミルクの国の食だより 連載一覧

ページトップへ