• 新着 & おすすめ
  • 食生活
  • 牛乳と健康
  • 子供の健康と成長
  • 骨について
  • 連載コラム
  • 食の安全
  • 放射性物質、BSE関連情報

連載コラム

第41回 2月2日はクレープの日 その2

クリスマス(冬至)から数えて40日目にあたる2月2日は、La Chandeleur(ラ・シャンドロール)と呼ばれるキリスト教の祝日のひとつ(といっても、休みではありません)。 聖母マリアが出産後の清めの儀式を受け、キリストが神の子として初めて教会に現れ祝福を受けたことにちなんだお祝いの日で...

2017年2月21日

第40回 2月2日はクレープの日 その1

フランスが発祥のクレープは、日本でも誰もが知っていて人気のあるお菓子のひとつですね。 フランスでは、小さな子どもから大人まで、ちょっと小腹がすいた時によく作って食べます。 地域のイベントや大型スーパーの店先などでは必ずといっていいほど屋台で売られている定番のおやつです。 ■ ...

2017年2月2日

第39回 ショコラショーでホットひと息

今年は東京で11月としては54年ぶりとなる雪が降りましたね。 リヨンは、アルプスの山に近いためか、雪が多いイメージがあるようですが、冬でも雪はほとんど降りません。 降ってもすぐ溶けてなくなりますが、雪が降った時は、雪慣れしてないので東京と同じく交通機関がストップしやすいようです。 ■&nb...

2016年12月20日

第38回 栄養士の卵たち

ある日のこと。近所に買い物に向かう途中、職業訓練等の各種講座を行っている建物の前を通りかかると、学生らしき人がチラシを配っていました。 手にとってみると、栄養士を目指す学生たちによる文化祭らしきイベントのようです。 これは興味があります。 フランスと日本、栄養指導や食の情報について、また栄...

2016年11月10日

第37回 農から学ぶ食育 - わくわく収穫体験 -

子供のころ、日課だったのが休みの日に早起きして、祖母といっしょに出かけた野菜の収穫。 自分の背よりも高く茂った枝葉をかき分け、野菜を見つけては「あった!」「ほら、こっちにも!」「こっちの方が大きいよ」と、まるで宝探しでもしているような気分でした。 朝露を浴び、みずみずしく光る野菜たち。毎日採...

2016年9月21日

第36回 牛乳の自動販売機 -牧場から食卓へ - 3

サント=フォワ=レ=リヨンのグラヴィエール広場に設置されている自動販売機で生乳を販売しているのは、生産者のロジエさん。 ロジエさんの牧場は、そこから18km離れたル・レモネ(Le Raimonet)にあります。 敷地面積30ヘクタールの牧場で、モンベリアード(※1)とホルスタイン種併せて22...

2016年8月23日

第35回 牛乳の自動販売機 -牧場から食卓へ - 2

まずは容器を購入します。 向かって左側の扉内に、牛乳1リットルを注げるガラスびんが入っています。 ガラスびんは1本70サンチーム(約80円)。 殺菌済みで、しかもよく冷えています。 このガラスびんを買わずに、よく洗浄してあれば自分で用意した他の容器でもOKです。 牛乳は1リットルあ...

2016年7月29日

第34回 牛乳の自動販売機 -牧場から食卓へ - 1

もうすぐ夏休みですね。 子供との家族旅行で観光牧場を訪れる人も多いのではないでしょうか。 大自然に囲まれながら動物たちとふれあい、乳搾りや動物の餌やりなど、普段できない体験ができるのが魅力ですね。 そして、清清しい青空、澄んだ空気の下で味わう牛乳はほんとうに美味しいものです。旅のマジックで...

2016年7月1日

第十話 牛乳を飲んで身長を伸ばそう(後篇)

少し遅れてお母さんも「ただいまー」。 さぁ、おやつタイム。お父さんがお土産にアイスクリームを買ってきてくれたので、フルーツ白玉がフルーツクリーム白玉になりました。  

2016年5月31日

第九話 牛乳を飲んで身長を伸ばそう(前篇)

日曜日の午後、お父さんとお母さんは出かけてしまい、元気くんも野球の試合です。 愛ちゃんはおばあちゃんとお留守番、皆が帰ってきたら食べようと2人でキッチンでフルーツ白玉を作ることにしました。 ボウルに白玉粉を量って入れます。 「白玉粉って大きい粒があるのね。」 「もち米から作るんだよ。...

2016年4月28日

第33回 フランスの離乳食事情 その4

離乳食を開始後、最初の1-2ヶ月くらいは、野菜類、果物類を与えるのが一般的です。 その後、月齢がすすむにつれ、肉や魚、卵などのたんぱく質性食品、油脂類など、食べられる食品が増えてくると、どんどん大人が食べているフランスの食事形式に近づいてきます。 ■日本と違い、米は8ヶ月以降が推...

2016年3月30日

第32回 フランスの離乳食事情 その3

出生時に産院でもらう健康手帳(フランス版母子手帳)には、離乳食を始めるための具体的な食品の種類や食事の目安が書かれています。 初めは、乳以外の食べ物に慣れさせる時期。 世界には色々な味が存在すると教えるため、この時期にできるだけ新しい味の発見をさせてあげます。 ■離乳食を始めるにあ...

2016年3月17日

第31回 フランスの離乳食事情 その2

フランスでも生後6ヶ月ごろから赤ちゃんは離乳食(食事の多様化)を始めます。 赤ちゃんによって成長度合いに個人差があるので、開始時期はかかりつけの小児科医の指導のもとで行うようにしています。 我が家の場合は、5ヶ月健診の後から始めました。

2016年3月1日

第八話 和食と牛乳の巻

ここのところ仕事が忙しくて毎日帰りが遅いお父さんから、「今日は早く帰れるよ」とお母さんにメールが来ました。 今日は寒いし、皆で食べられるお鍋にしようとスーパーに行ったら、牛肉が特売だったので、すき焼きに決定。 玄関のドアを開けたら、愛ちゃんが出迎えてくれました。 「いっぱい買ってきたね...

2016年2月24日

第30回 フランスの離乳食事情 その1

2016年が始まりました。 気分も一新、何か新しいことを始めたくなる新年。 そこで、我が家の場合は離乳食。 昨夏に誕生した次男坊がそろそろ離乳食を始める時期になりました。 赤ちゃんにとっては毎日が初めての連続ですが、離乳食は彼にとっては大きなステップ、新しい挑戦の幕開けです。 ...

2016年1月13日

第29回 冬の定番料理、ラクレット その2

冬、自宅や友人宅で必ず一度は食べるラクレット。 「今週末はラクレット!」「私もこの前食べた!」と、日常会話もラクレットで盛り上がる冬のフランス。 いろいろなチーズ料理がある中、フランス人にとってラクレットは別格のようです。  

2015年12月15日

第28回 冬の定番料理、ラクレット その1

10月最終日曜(今年は10/25)に夏時間から冬時間に変わったフランス。日本との時差は8時間になりました。 街路樹がいつの間にかきれいな色彩を見せていて、秋の訪れを感じさせてくれています。 フランスには日本と同じように四季がありますが、秋は本当に短くてあっという間。 「春・夏・秋・冬」とい...

2015年11月12日

第七話 日本人が牛乳を飲み始めたのはいつ?の巻

日曜日、今日の朝食もパンケーキ、愛ちゃんも自分でホットプレートに生地を流して上手に焼けるようになりました。焼けたものをおばあちゃんのお皿に乗せてあげたら 「ありがとう。お友達に話したら、うらやましいって言われたよ。原宿とか鎌倉とかパンケーキのお店が流行っているんだってね。」 「僕もテレビ...

2015年9月30日

第27回 どれを食べる?-いろいろなヨーグルト-3

さて、パッケージもカラフルで見ているだけで楽しくなるフランスのヨーグルト売り場。 原料乳が「全脂乳」「半脱脂乳」、さらには牛乳以外にも羊やヤギ乳があったり。 シンプルなプレーンヨーグルトでも、「固め」「なめらか」「クリーミー」「ムース状」といろいろな質感の製品が並んでいます。  

2015年8月7日

第26回 どれを食べる?-いろいろなヨーグルト-2

1925年、フランス語の辞書に初めて登場した”ヨーグルト”。 1950年代には微生物の整腸作用など、健康に有益との理由から薬局で販売されていました。 現在、国際的にヨーグルトと称される製品は、Lactobacillus bulgaricus (ラクトバチルス ブルガリ...

2015年6月25日

連載

第一話 牛乳はスポーツドリンクの巻

はじめまして、僕の名前は元気、スポーツが大好きな小学校6年生。3年生の妹の愛と、両親、おばあちゃんの…

第1回 食育教室 -牧場にて-

夏休みになると、子どもたちといっしょに牧場を訪れる人も多いのではないでしょうか。中には、乳搾りをした…

ページトップへ