• 新着 & おすすめ
  • 食生活
  • 牛乳と健康
  • 子供の健康と成長
  • 骨について
  • 連載コラム
  • 食の安全
  • 放射性物質、BSE関連情報

連載コラム

第65回 元気な1日は朝食から - その2

フランス語で朝食は“petit déjeuner”(プティ デジュネ)といいます。 断食を意味する”jeûne”に否定の接頭辞をつけてdéjeuner(デジュネ)=「断食を断...

2019年3月28日

第二十話 発酵の不思議(3)

 今日は家族全員でお出かけ、帰りにデパートの食品売り場に寄りました。 「お母さん、見て。チーズがいっぱいある。」愛ちゃんがチーズショップを見つけました。 「すごい!こんなにたくさんの種類のチーズを見るのは初めてだよ。」元気くんも目を輝かせています。 「試食もありますよ。」店員...

2019年3月26日

第64回 元気な1日は朝食から - その1

太陽が輝きを増し始め、暖かな日ざしがやわらかく降り注ぐ早春のリヨン。 草木も芽吹き、朝早くから黒つぐみが澄んだ声で歌うのを聞くと、春が近づいて来たことを肌で感じさせてくれます。 3月最後の日曜日になれば、時計の針を1時間進めて夏時間となり、本格的な春の到来です。 ...

2019年3月13日

第十九話 発酵の不思議(2)

家族そろっての日曜日の朝食が終わるころ、愛ちゃんが食べていたヨーグルトをスプーンでかき混ぜ始めました。 「食べ物で遊んじゃダメだよ。」見ていた元気くんが注意すると 「だって、おもしろいよー。のむヨーグルトみたいになってきたもん。」 「わぁ、ホントだ。」元気くんまで、真似し始めました...

2019年3月7日

第十八話 発酵の不思議(1)

出張から戻ったお父さんのお土産はビンに入ったプレーンヨーグルト。 おばあちゃんが「最近はビン入りは珍しいけど、おばあちゃんが子どもの頃はヨーグルトと言えばビンに入った甘いヨーグルトしかなかったんだよ。」 「え、そうなの?うちはプレーンヨーグルトが多いけど、今はいろいろなヨーグルトがあるよ...

2019年2月19日

第63回 新年のフランス伝統菓子‐ガレット・デ・ロワ その2

キリスト教の行事であるエピファニー(Epiphany 公現節)が広まった中世以降、お祝いの菓子は各家庭で作られるようになりました。 もともとはシンプルなパンのような菓子でしたが、パイ生地を使い黄金色で丸い太陽を連想させるガレット・デ・ロワが作られるようになったのは17世...

2019年1月31日

第62回 新年のフランス伝統菓子‐ガレット・デ・ロワ その1

あけましておめでとうございます。  1年で最も町が華やぐクリスマスが終わり、年が明けてもまだツリーやイルミネーションが街のあちらこちらに見られる1月のフランス。 ご馳走が続き、すっかり胃袋が疲れ気味となる七草の頃、1年の無病息災を願って食べる日本ならではの行...

2019年1月22日

第61回 フランスの学校給食 その4

フランスでは学校給食は教室ではなく、食堂で提供されます。 また、日本のように担任の先生が児童と一緒に食事をすることはありません。昼休みは先生たちにとっても休み時間。 リヨン市から派遣された別の職員が学校食堂へ子どもたちを引率して、食事の世話も行います。 大抵、幼稚園と小...

2018年11月30日

第60回 フランスの学校給食 その3

学校給食 (Restauration scolaire) に関する指令に沿って、自治体と学校が責任をもって共同運営されるフランスの学校給食。 栄養管理のポイントとしては、次の項目を挙げています。 ●使用頻度を制限することで脂質摂取量を減らしましょう 前菜にはハムやソーセ...

2018年11月9日

第59回 フランスの学校給食 その2

フランスで学校給食の実施は義務ではありません。 幼稚園・小学校に関しては各市町村、中・高等学校に関しては各学校の決定事項とされており、国は、給食の価格と栄養・衛生面での品質について全国の基準を定めています。  

2018年10月2日

第58回 フランスの学校給食 その1

長かった夏休みが終り、新学期が始まりました。 フランスは9月が新年度のスタート。子どもたちは新学年へと進級します。 といっても、入学式や始業式のような式典はありません。 初登校日もあっけらかんと普通に始まるので、日本の習慣からすると何やら味気なさを感じます。

2018年9月11日

第57回 暑い夏はアペロでのりきろう!

毎日暑い日が続きますね。リヨンの夏は日本のように湿度が高くないので、歩いたりしない限りあまり汗が出てこないかわりに、のどが乾いてふうふう言ってしまう、まるでオーブンの中で焼かれるような暑さです。 冷房があまり普及していないフランスですが、湿気がない分、逆に日中は窓と鎧戸を閉め切って陽光...

2018年7月31日

第56回 フランスのクリーム 泡立てのコツ その3

フランスでは「30%以上の乳脂肪を含む乳」をクリームといいますが、実際に家庭用として売られているクリームで乳脂肪30%を超えるクリームはほとんどありません。 乳脂肪35%のクリームもあるようですが、置いてあるスーパーは多くありません。 売り場の半分くらいを、乳脂肪分12%以上30%未満の...

2018年5月30日

第55回 フランスのクリーム 泡立てのコツ その2

いろいろな種類のクリームが存在する酪農大国フランス。 フランスでクリーム(crème)は「100gあたり30g以上の乳脂肪を含む乳」と定義されています。 生乳には3 - 5%の乳脂肪が含まれているので、1リットルのクリームを作るためには7 - 10リット...

2018年5月15日

第十七話 牛乳って太るの?

夕食までの時間、愛ちゃんは最近、お気に入りの麦茶ミルクを飲んでいます。 元気くんも部活の野球の練習から帰ってきて、牛乳をゴクゴク大きなコップで飲みほしました。 「部活の後の牛乳は最高だな!」 「でも、牛乳って太るんだって。」 「誰が言ってたんだ?愛は前より牛乳を飲むようになったけ...

2018年4月26日

第54回 フランスのクリーム 泡立てのコツ その1

最高気温が氷点下の日も多くあり、2月は厳しい寒さが続きましたが、3月に入ると暖かい日と寒い日が交互に繰り返されるようになりました。 日が少しずつのびてきたり、木の芽がふくらんできたりしているのを見ると、春が一歩ずつ近づいていることを実感します。そしてこの時期、ワクワクした気分を盛り上げてくれる...

2018年4月19日

第十六話 もっと知りたい乳牛のこと!(後篇)

休日のお昼すぎ、家族全員でゆったりティータイム。

2018年3月30日

第十五話 もっと知りたい乳牛のこと!(前篇)

 春休み、元気くんと愛ちゃんは2人でお家にいます。

2018年3月22日

ミルクの国の食だより 連載一覧

フランス・リヨンから、食にまつわる話題をお届け・・・「ミルクの国の食だより」の記事一覧です。

2018年3月13日

第53回 フランスのバター事情2017 その3

世界中で消費量が増えたことにより国際価格が高騰したバター。 フランスが価格上昇により他国よりも影響をうけるのは、バターに関して輸入国でもあり、世界最大の消費国だから、ということはわかりました。 2017年夏、フランスのバターの卸売価格は年初に比べて2倍近くになりました。 ペストリーやベーカ...

2018年2月26日

連載

第一話 牛乳はスポーツドリンクの巻

はじめまして、僕の名前は元気、スポーツが大好きな小学校6年生。3年生の妹の愛と、両親、おばあちゃんの…

第1回 食育教室 -牧場にて-

夏休みになると、子どもたちといっしょに牧場を訪れる人も多いのではないでしょうか。中には、乳搾りをした…

ページトップへ