• 新着 & おすすめ
  • 食生活
  • 牛乳と健康
  • 子供の健康と成長
  • 骨について
  • 連載コラム
  • 食の安全
  • 放射性物質、BSE関連情報

子供の健康と成長

給食のチカラ 親子でもっと話そう!ミルクのこと

もうすぐ新学期。こどもたちの健やかな成長を願い、明るく元気に登校してもらいたいものですね。 そんな成長期のこどもたちの健康を支えているのが「学校給食と牛乳」です。 学校給食は、こどもたちにとっては楽しい食の経験であり、おとなにとっては懐かしい思い出です。 今どきの学校給食事情を読み解きなが...

2014年8月26日

ほっとなごむ、ホットな冬時間

冷たい風が吹く冬の外。 帰ってきたこどもたちに「おかえりなさい」といっしょにお母さんが出してあげる一杯のホットミルクは、愛情のしるしそのものです。 一杯のミルクを飲む間に交わす、こどもとの会話・コミュニケーションは、親子のカラダも心もあたためてくれます。 今回は、そんな豊かな時間を届けてく...

2014年2月4日

牛と人の乳の違い

牛乳と人乳の成分組成の違いを表に示しました。人乳は牛乳に比べ、糖質(乳糖)が1.5倍と多いのに対して、たんぱく質やミネラルが約1/3と少ないことが分かります。 たんぱく質やミネラルが少ないのは、人は牛より成長速度が遅いからです。これは、カルシウムとリンが成長速度に大きく関係している証拠といえるでし...

2004年4月1日

子どもの食生活と生活習慣病

 1950年代以前よりアメリカにおいて、心臓病が死亡原因で一番高い割合を占めていました。そして、朝鮮戦争の際、戦死したアメリカ人兵士を解剖し、大動脈や冠動脈を調べた際、驚くべき事実が判明したのです。平均22.1歳の兵士たちの70%に動脈硬化の初期に見られる病理学的変化、血管の内腔の狭窄が始まっていた...

2003年8月1日

学童のバランスのよい朝食摂取の必要性

 アメリカにおける学校朝食は、実験的に1966年に開始されました。そして75年には学校朝食プログラムとして、アメリカ議会で児童栄養法のもとに立法化。それによってプログラム維持の資金が確保されました。  学校朝食プログラムの支払い基準は3分類されています。基準にしたがって負担が、全額、減額、無料にわ...

2003年4月1日

3年間のフィールドワークが明かす中学・高校生の「食」と「健康」

調査概要 目的 中学・高校生を対象に食生活を中心としたライフスタイルと身体状況の関係を検討する。この研究を通して、この世代のエネルギーおよび栄養素摂...

2002年10月1日

中・高校生高の健康的ライフスタイルを支える牛乳

 牛乳には三大栄養素であるたんぱく質、糖質、脂質が含まれている。さらにビタミンとしてはビタミンA、ビタミンB2を多く含んでいる。ミネラルとしてはカルシウムを筆頭にカリウム、ナトリウム、塩素、リンなどが含まれている。とくに日本人に不足しているカルシウムに関しては、その含量および吸収率の良さから、非常に...

2000年12月1日

牛乳を飲むと背が伸びる!

 小児期からの生活習慣病予防における調査の一環として、ある地区の小学4年生が、その3年後の中学1年生になった際に、それまでの牛乳摂取が学童期の健康に与える影響について検討した。その結果、1日摂取量500ml以上群と500ml未満群との比較において、肥満度(%)平均、血清総コレステロールやLDLコレス...

2000年8月1日

牛乳・野菜・魚カルシウムの吸収率の比較試験−ウェルネスレポート−

 19才~29才までの健康な女性9名が対象。食事からとったカルシウム量と、便として排出したカルシウム量の差を測り、体内に吸収された量を計算しています。    試験計画は図1に示すように、一試験期間が7日間。まず初めの3日間はカルシウムを1日当り200mg含む基本食をと...

1996年8月1日

連載

給食のチカラ 親子でもっと話そう!ミルクのこと

もうすぐ新学期。こどもたちの健やかな成長を願い、明るく元気に登校してもらいたいものですね。 そんな…

ほっとなごむ、ホットな冬時間

冷たい風が吹く冬の外。 帰ってきたこどもたちに「おかえりなさい」といっしょにお母さんが出してあげる…

ページトップへ