• 新着 & おすすめ
  • 食生活
  • 牛乳と健康
  • 子供の健康と成長
  • 骨について
  • 連載コラム
  • 食の安全
  • 放射性物質、BSE関連情報

3-A-Day

3-A-Dayとは

毎日3回 からだにいいコト

3-A-Dayってなに?

3-A-Dayってこんなこと

3-A-Dayとは「牛乳・ヨーグルト・チーズをどれでも自由に1日3回、または3品、食生活に取りいれて、健康に良い食事を実践しよう」という食生活改善運動です。
朝や休憩時、就寝前、またはスポーツの後等にコップ1杯の牛乳を飲む、昼食のデザートにヨーグルトを選ぶ、おやつやアルコールのつまみにチーズを食べる。牛乳をそのまま飲むのが苦手な人は、コーヒーや紅茶に入れてみるなど、その摂取する方法やタイミングに難しいルールはありません。
普段の食生活の中で牛乳・ヨーグルト・チーズの摂取をちょっと意識する、それだけの簡単なルールです。

3-A-Dayがはじまった理由

3-A-Dayは2003年1月1日よりアメリカで本格的にはじまりました。アメリカで深刻な問題の一つとなっているカルシウム摂取不足に対し、カルシウムの豊富な乳製品を1日3サービング(対象ごとの設定量を3品、3杯、3種類等)とることにより、骨を強化し、健康な体をつくろうというのが狙いです。  3-A-Dayプログラムは、小児科医師会や栄養士協会からも支援されており、また、イギリス・フランス・カナダ・オーストラリアも参加し、世界的な広がりをみせています。

今こそ3-A-Day

日本の最近の食生活は、偏食、過食、欠食や食べ残しの増加などによる食生活の乱れにより、栄養バランスの偏り、生活習慣病の増加等の問題が生じており、その改善が必要とされています。 このような状況の中、日本では酪農・乳業界が中心となり海外の3-A-Dayキャンペーンを参考にして、国民の食生活改善・健康維持増進に何らかの貢献が出来るような、牛乳・ヨーグルト・チーズ摂取の運動を展開しようということになり、活動を続けています。

摂取量の目安

●牛乳200ml(コップ1杯または牛乳ビン1本程度) ●ヨーグルト100g(市販のカップヨーグルトの小さいサイズ1個程度) ●チーズ20g(6Pタイプ1個、切れてるタイプ2枚、スライスタイプ1枚。  またはベビータイプ1個程度) 最初はあまり量にはこだわらず、3品の中から好きなものを自由に運び、気がついたときに食べることを心がける、という習慣から身につけましょう。

次ページのQ&Aをご覧ください。

2010年8月10日

次へ

3-A-Dayについての関連情報はこちら

今日からみんなで始めよう!3-A-Day 
日本乳業協会のサイトへ

ページトップへ