• 新着 & おすすめ
  • 食生活
  • 牛乳と健康
  • 子供の健康と成長
  • 骨について
  • 連載コラム
  • 食の安全
  • 放射性物質、BSE関連情報

美しくやせる ミルクダイエット

ボディラインが気になる、この季節。
キレイなカラダを手に入れて、軽やかに夏のファッションを楽しみたいもの。
そこで注目したのが「デトックス」。
体内にたまった老廃物を排泄して、カラダの中からキレイになるという健康法です。

今回は特に、カラダ本来がもっているデトックス機能で最も重要な「腸の働き」に着目。
デトックスおすすめ食材に、ミルクの美容パワーを盛り込んだ、おいしくて手軽なダイエット方法をご紹介します。 

j-milk magazine ほわいと 2006夏号より

停滞腸チェック

お腹ぽっこり、肌荒れ、むくみ・・・それは停滞腸が原因かも?

■体内にたまった老廃物の約75%は、スムーズなお通じから体外へ。

体内にたまった老廃物を排出して、カラダの中から美しく健康になること。それが「デトックス」健康法。

「デトックス」というと特別なものに思えますが、もともと私たちのカラダには、便や尿、汗などによって、老廃物やカラダに良くない物質を自然に排出する「デトックス機能」が備わっています。

その中でもっとも重要なのがお通じによるもの。体内の老廃物や有害物質のなんと約75%が、便によって排出されています。

 

■「停滞腸」は美容と健康の大敵。

 「停滞腸」チェックの結果はいかがでしたか?「停滞腸」とは、一連の消化・吸収・排泄の作業が停滞して、働きの鈍くなった腸のこと。
「停滞腸」になると、老廃物が腸管の中にどんどんたまって腐敗し、アンモニアなどの有害なガスを発生。それが腸壁から吸収され、血流にのって全身をめぐります。
その結果、細胞の新陳代謝は低下し、下腹部がふくれる、肌荒れや頭痛、肩こり、イライラなど、さまざまな症状を引き起こすのです。

また、腸周辺の代謝が衰えるため、細胞間に余分な水分がたまりやすく、むくみの原因にも。
朝、顔が腫れぼったくなったり、夕方脚がパンパンに張ったりと、外見的にも影響を及ぼします。健康的に美しくなるには、まずこの「停滞腸」を改善することが必要なのです。
 
  

食べて腸を活性化させることが、美しくやせるカギ。

■腸の活性を促す「第二の脳」。
 腸には約1億個の神経細胞が集まっており「腸神経」という独自の神経ネットワークを形成しています。この神経ネットワークは自立性があり、脳の指令がなくても動き、構造も脳の神経ネットワークと似ていることから「第二の脳」とも呼ばれます。

「第二の脳」は、腸管に入ってくる食べ物を感知し、腸管全体に運動を命令。腸の活性を促す働きをもっています。つまり食べることが、老廃物の排出や、新陳代謝のアップへつながります。食事を抜いたり、極端に食事量を減らした無理なダイエットはむしろ逆効果。腸の活動が低下し、新陳代謝が悪くなってしまうのです。
■目指すは、腸が元気になる食事。
 では、何を食べれば「腸の活性化」に効果的なのでしょうか。有効なものとしておすすめしたいのが、腸を刺激しスムーズな排便を促すオレイン酸たっぷりの「オリーブオイル」や整腸作用のある「乳酸菌」、腸内の善玉菌のエサになる「乳糖」や「オリゴ糖」、便のかさを増やす「食物繊維」などです。

これらを効率よく摂取するダイエット法に「地中海型食事」というものがあります。「地中海型食事」とは、ギリシャやスペイン、南イタリアなど地中海沿岸地方の伝統的な食事スタイルのことで、特徴としては、オリーブオイルを使い、穀物や豆類、魚介類を多く取り、野菜は量・種類ともに多く取るというもの。そして、毎日食べたいアイテムにヨーグルト、チーズ、牛乳が挙げられていることにも注目です。ちなみに、よく使われる野菜の代表には、トマトやタマネギ、パプリカ、ニンニク、果物類ではレモン、リンゴなど、腸内環境を健康にしてくれるものばかり。

腸を元気にする食品を食べて、元気な腸を養うことこそが、美しくやせるためのコツなのです。
 
 

食生活の改善にプラスして、腸をさらに活性化!

  + リセット・ミュージック
心身ともにリセット(再始動)させてくれる心地よい音楽で、緊張した腸が「リラックス腸」に。腸の働きが活性化し、老廃物が体外に排出されやすくなります。
音楽は、歌詞のないインストルメンタル、アコースティックサウンド、スローからミディアムテンポのものが適していますが、音楽の好みは人それぞれ。あなたに合ったリセット・ミュージックを見つけてみてはいかがですか?

+ ゆっくりエクササイズ
脂肪燃焼&基礎代謝アップには、ゆっくりとしたエクササイズを20分以上続けることがカギ。
エクササイズには、エアロビクス、ウォーキング、ジョギング、スイミング、サイクリングなどがおすすめですが、無理なく飽きずに続けられるものとしておすすめなのが「音楽を聴きながらのウォーキング」。
楽しみながら美しくなることができます。暑い昼間をさけ、涼しい朝の時間にいかがですか?
 

おなかすっきり、お肌ツルツル。ミルクダイエットで健康的に美しく。

 ■腸もお肌もイキイキ。牛乳・乳製品は「美」の強い味方。
腸を元気にして、さらにお肌も元気にする、「美」にうれしい効果をもたらす理想的な食品。それが牛乳・乳製品です。
牛乳やヨーグルトなどの乳製品に含まれる「乳糖」、ヨーグルトの「乳酸菌」など、牛乳・乳製品には腸内環境を良くする成分が豊富。さらに、美肌に効果的な三大栄養素「たんぱく質」「脂質」「炭水化物」や、皮膚の新陳代謝を促進するビタミンA、皮膚を健康に保つ働きをするビタミンBなども含まれています。
また、ダイエットに取り入れると骨量や筋肉を保ったまま、体脂肪を減らすことができるという調査報告も。

ダイエットというと食事のエネルギーも気になりますが、栄養バランスの崩れた食事では美しくやせられません。
食事の栄養バランスを整えてくれる役割も、牛乳・乳製品にはあるのです。単に体重を減らすだけでなく、美しさもキープしながらやせたい人にこそ、ぜひ取り入れてもらいたいアイテムです。

■デトックス食品や地中海式食事にミルクパワーを加えて。
美しくやせるための重要アイテムである牛乳・乳製品。これらを、デトックス効果のある食品と組み合わせたり、「食べて腸を活性化させることが、美しくやせるカギ。」でふれた「地中海型食事」に取り入れていくことで、栄養面、美容面ともに強化されたより理想的な食事が実現できます。

ダイエットにおける一日の摂取エネルギー目安は1,600kcal(成人女性)。
このエネルギーの中で、例えば「牛乳・乳製品+食物繊維」「牛乳・乳製品+オリーブオイル」「牛乳・乳製品+穀物」など、自由に楽しく食事を組み立ててみませんか。

いろいろな組み合わせを取り入れることで、食事も豊かに、また、見た目のおいしさもグンとアップします。目からも食事の満足度をあげることで、楽しくダイエット生活が続けられるはず。

「無理なく、楽しく、健康的に」をモットーに、今日からさっそく、ミルクダイエットで、スッキリボディを目指してみませんか?

 

食べてキレイに! 朝・昼・夕、3食合わせても1,600kcal以内

  
    
   
 

このページのレシピはこちら (Jミルク レシピサイトへ)

recipe 1 ヨーグルトチーズのトマトカップサラダ  189kcal
ヨーグルトチーズのトマトカップサラダ

recipe 2 カッテージブルスケッタ 179kcal
カッテージブルスケッタ

recipe 3 寒天ボールのクリームスープ 375kcal
寒天ボールのクリームスープ

2013年5月17日

■監修 松生 恒夫さん
医学博士。松生クリニック院長。大腸内視鏡検査や炎症性腸疾患の診断と治療、地中海式食生活の指導などを得意とする。
著書に「腸内リセットダイエット」(マキノ出版)、「朝いちばんの毒出しデトックス」(大和書房)、「腸すっきりファイバー・ダイエット」(リヨン社)、「ポップ・ヴォーカル」(シンコー・ミュージック)などがあるほか、テレビ番組にも多数出演。

ページトップへ