• 牛乳ができるまで
  • 乳製品の種類
  • おいしい活用法
  • 学校給食
  • 乳製品の歴史
  • 牛乳の栄養
  • ナレッジ
  • 気になる情報

学校給食の風景

給食における牛乳の移り変わり

「脱脂粉乳」が懐かしいという読者の方も少なくないと思います。いつの時代も学校給食の定番、牛乳の変遷をまとめました。

脱脂粉乳(ミルク)

1949(昭和24)年~

1949(昭和24)年、ユニセフからの寄贈で学校給食の定番&伝説メニューに。アルミ製の大きなバケツで教室に運ばれ、しゃくしで1杯ずつアルミカップに注がれていました。





委託乳(脱脂粉乳と牛乳の混合乳)

1964(昭和39年)~

1964(昭和39年)から約2年間、脱脂粉乳から牛乳への移行期にかけて導入されました。ちなみに昭和39年の混合比率は牛乳3:粉乳7、翌年は牛乳と粉乳が5:5でした。





びん牛乳(180ml→200ml)

1966(昭和41年)年前後~

1966年前後より導入、中身が牛乳(生乳100%使用)になったのは1970(昭和45)年頃。ふたを開けるのにちょっとコツがいるのと、給食当番で運ぶのが大変でした。





テトラ・クラシック(200ml)

1964(昭和39)年~

1964(昭和39)年の東京オリンピックで採用され、70年代以降急速に広まりました。ただその形状から積み上げることが難しかったため、徐々に四角いタイプに取って代わられます。





ブリックパック(上)、ゲーブルトップ(いずれも200ml)

1980(昭和55)年~

1980年代以降に普及しはじめ、現在でも使用されているお馴染みの四角いパック。軽く保管性に優れ、運搬しやすい。パック上部が屋根型のゲーブルトップも健在です。






j-milk magazine ほわいと2004夏号より

前のページもご覧ください。

戻る

関連記事

学校給食の移り変わり

ページトップへ