• 牛乳ができるまで
  • 乳製品の種類
  • おいしい活用法
  • 学校給食
  • 乳製品の歴史
  • 牛乳の栄養
  • ナレッジ
  • 気になる情報

牛乳容器今昔物語

あなたが毎日飲んでいる牛乳は、紙パック?それともビンですか?牛乳容器が現在のような姿になるまでには、さまざまな歴史を経ています。

“はかり売り”から始まった牛乳

 日本人が牛乳を飲むようになった飛鳥時代には、貴族など特別な階級の人々の間で利用されていただけでした。江戸時代末期になると、乳牛を飼い、搾った乳を売る人が出始めましたが、一般に販売されたのは、明治の文明開化からです。

 大きなブリキの輸送缶で牛乳を運んで、柄杓で5勺(90ml)ずつ量って売られていました。明治10年頃には、小型(一合=180ml)のブリキ缶入り牛乳をかごに入れて天秤棒でかついで配達していました。

牛乳びんの登場

 瀬戸物のびんが使われたこともありましたが、明治21年頃に東京の牛乳店が初めてガラスびんを採用し、38年頃までには、ほとんどがガラスびん入りになりました。決まった形はなく、色つきや細口もありました。栓は紙や瀬戸物、金属のねじ蓋が使われていました。大正時代には王冠栓が広まったようです。

 その後、牛乳の製造や販売についての法律が整い、昭和3年、無色透明の広口びんで紙キャップをすることに統一されました。これが今も使われている牛乳びんの始まりです。その容量は長い間一合(180ml)がほとんどでしたが、昭和45年、学校給食が200mlに変わったのをきっかけに、200mlが主流になりました。

ライフスタイルに合った紙容器

 紙パックに入った牛乳が初めて発売されたのは、昭和31年。テトラ(三角錐)型のものでした。

 軽くて扱いやすい紙パックは、東京オリンピック(昭和39年)での採用、スーパーマーケットの発展などとあいまって普及していきました。

 今では直方体が主流で、ゲーブルトップ(屋根)型とブリック(レンガ)型があります。

 常温で長期保存できる紙パック、LL牛乳も登場しました。

2004年12月27日

関連資料

江戸時代末期からの牛乳容器の写真はこちらからご覧いただけます。

牛乳の歴史的資料
Jミルク 食育指導サポーター

ページトップへ