牛乳の日・牛乳月間 フォーラム

牛乳の日・牛乳月間
「牛乳の日」記念学術フォーラム

平成28年度「牛乳の日」記念学術フォーラムの開催のご案内

『ミルクの価値 再発見! -未来へのミルクの物語-』

乳の学術連合と一般社団法人Jミルクでは、6月4日(土)に東京大学・伊藤国際学術研究センター(東京都文京区)で、「牛乳の日」記念学術フォーラムを開催します。
今年度のフォーラムでは、「ミルクの価値 再発見! -未来へのミルクの物語-」をテーマに開催します。ミルクの価値については、超高齢化社会の到来による「健康寿命の延伸」といった現代社会の重要課題の解決に貢献するという視点から、これまで注目されてきた「豊かな栄養と成長促進」「カルシウムと骨の健康」といったミルクの機能に加え、生活習慣病や認知症などのリスク軽減といったミルクの機能が新しい価値として注目されるようになってきました。また、最近では、ミルクの栄養健康機能に加え、ミルクを通して「食といのち」を結びつけて考えたり、牛の母子関係をコントロールしてミルクを食料として利用する方法の発見が人類史の観点で評価されたり、日本における近代の食文化形成という点からミルクがモデル的に位置づけられたりするなど、ミルクの価値を社会文化的な文脈でとらえる視点も出てきました。
そこで、今回のフォーラムでは、ミルクの価値を時代の変遷も踏まえて総括し、さらに最近のミルクをめぐる多様な価値視点を再確認・再構成するとともに、それを人々に伝えるためのストーリーについて、参加者の皆様とともに考えます。

■日 時:2016年6月4日(土)13:00-17:00 (開場 12:30)

■会 場:東京大学・伊藤国際学術研究センター・謝恩ホール(〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1 B2F)
■主 催:乳の学術連合(牛乳乳製品健康科学会議、乳の社会文化ネットワーク、牛乳食育研究会)、一般社団法人Jミルク
■後 援:農林水産省、公益社団法人全国学校栄養士協議会、公益社団法人日本栄養士会
公益社団法人東京都栄養士会、公益財団法人骨粗鬆症財団 特定非営利活動法人日本高血圧協会、日本酪農科学会、日本酪農乳業史研究会、日本酪農教育ファーム研究会、ミルク一万年の会(申請中含む)
■プログラム:「フォーラムプログラム」をご参照ください。
■お申し込み方法:別紙「平成28年度「牛乳の日」記念学術フォーラム参加申込書」を、
ファックス(FAX 03-6226-6354)または
メール(info@j-milk.jp)にてご返信ください。
*【参加費無料】
■お申込み締め切り:2016年5月25日(水)
■フォーラム定員 300名(定員になり次第 締切)
 

参加申込書、開催案内

フォーラムプログラム テーマ『ミルクの価値 再発見! -未来へのミルクの物語-』

 

12:30

受付開始

13:00

開会・主催者挨拶

13:15-13:55

【講演1】「ミルクをめぐる食生活と人々の価値意識(Jミルク調査から)」
講師:前田 浩史(乳の学術連合 事務局長)

一般社団法人 Jミルク 専務理事

14:00-14:40

【講演2】「日本人の健康とミルクの新しい関係」 
講師:家森 幸男(牛乳乳製品健康科学会議)

武庫川女子大学 国際健康開発研究所 所長

14:50-15:30

【講演3】「ミルクの価値とその伝え方」
講師:小長谷 有紀(乳の社会文化ネットワーク)

大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 理事

15:30-15:45

- 休 憩 -

15:45-17:00

パネルディスカッション 「ミルクの価値を未来につなぐために!」
座長:大江 靖雄 (乳の社会文化ネットワーク)

千葉大学大学院 教授
パネラー:講演1-3の講師

17:00

閉会

●会場地図

 伊藤国際学術研究センター(東京大学本郷キャンパス内) 本郷三丁目駅(地下鉄丸の内線) 徒歩8分 
本郷三丁目駅(地下鉄大江戸線) 徒歩6分 ※赤門付近


2016年4月19日

ページトップへ