第3回全国病院レシピコンテスト【乳和食部門】が始まります

減塩アイデアレシピ大募集!応募は11月24日まで

1.開催趣旨
全国には、高血圧の患者が4000万人いると推定されています。したがって病院や家庭における治療食・予防食において塩分摂取量の適正化は重要です。
最近、減塩食として美味しく調理できる乳和食が注目を集めています。乳和食は味噌や醤油などの伝統的調味料に「コク味」や「旨み」を有する成分無調整牛乳を組み合わせることで、食材本来の風味を損なわずに食塩やだしを減らせる減塩調理法です。高血圧予防・改善食として家庭に定着させていくには、美味しさだけでなく、食欲を刺激する彩りも重要です。
家庭でいつでも手軽に作れる、信頼のおける病院レシピを今後普及していくことが、生活習慣病の予防・改善に大きな効果を上げるものと期待されます。
この度のコンテスト開催は、健康寿命の延伸のきっかけづくりにもなり、社会的意義も大きいと考えます。管理栄養士や栄養士として活躍されている皆様の多くのご応募をお待ちしております。

2.応募資格
日本国内の管理栄養士、または栄養士の資格を持つ方で、現在、次の施設に勤務する方を対象とします。
(A)病院・クリニック等の医療機関。
(B)病院附属の介護老人保健施設。
(C)左記(A)(B)関連の給食委託会社。

3.応募テーマ
1食600kcal~650kcal以内の乳和食レシピ(主食+主菜+副菜)を考案していただきます。
身近な食材を利用して家庭でも美味しく再現できるレシピを募集します。

4.応募締め切り
2016年11月24日(木)

そのほか、応募条件・方法などは主催者ウェブサイトからご確認ください。
一般社団法人 地域健康社会研究所 「第3回 全国病院レシピコンテスト(乳和食部門)開催のお知らせ」
http://chiikikenkou.seesaa.net/article/442940138.html

 
 
前回の受賞レシピ
2016年10月19日