一般社団法人Jミルク Japan Dairy Association

牛乳乳製品に関する食生活動向調査2015 結果報告書

Jミルクで2015年10 - 11月に実施した調査結果の最終公表版です。

Jミルクでは、

1. 牛乳乳製品の価値向上を推進するための基本情報を得ること
2. マーケティング関連事業の効果検証の基礎とすること

を目的に、平成24年度から「牛乳乳製品に関する食生活動向調査」を毎年度実施する継続調査として、平成27年度において、第4回目の調査を10 - 11月にかけて実施しました。

この調査は最新の生活者の意識調査であり、新たな知見も窺うことができますので、ご参考になさってください。

牛乳乳製品に関する食生活動向調査2015 結果報告書

調査の概要


「結果報告書」は、以下からダウンロードしてご覧ください。

2016年3月31日

  • 牛乳乳製品に関する食生活動向調査2015 結果報告書

    1.主要な行動や意識の経年変化(全体数値/2013~15年)
    2.牛乳類の飲用・利用関する動向(2015年データを中心に)
    3.属性や食生活状況などと、飲用頻度やぞの増減との関係
    4.牛乳に関する様々な認識・感覚・関与
    5.健康・栄養・生活関連
    6.2015年の酪農乳業トピック関連
    7.牛乳・乳製品に関する話題接触

「牛乳乳製品に関する食生活動向調査」一覧