• 食育教材
  • 貸し出し教材
  • 食育指導サポーター
  • 報道用基礎資料
  • 調査報告
  • 研究論文

第6回 牛乳たんぱく質における生体防御機能

2004年9月17日開催

母乳には赤ちゃんを感染から守るための成分が含まれていることはよく知られています。しかし、実は牛乳にもヒトの免疫力の向上に役立つ成分が多く見つかっているのです。牛乳をはじめとする乳の生体防御機能について研究されている岐阜大学応用生物科学部の金丸義敬教授に、牛乳と免疫についてのお話を伺いました。
2004917日開催)


師:金丸義敬(かなまるよしひろ)先生
岐阜大学応用生物科学部教授、農学博士。北海道大学理学部高分子学科卒業後、同大大学院在学中に助手。その後ギーセン大学へ留学。帰国後、岐阜大学農学部助教授に就任後、オクラホマ大学へ留学。平成54月、岐阜大学農学部教授に就任。昭和60年日本畜産学会賞、平成12年BBB論文賞受賞。論文には、「ミルクムチン複合体と生体防御」「母乳の免疫機能」ほか多数。

メディアミルクセミナーとは

メディアミルクセミナーは、主に、医学・栄養学・食品科学の専門家による栄養と健康をテーマにしたメディア向け勉強会で、年に3回程度開催されています。
セミナーでは、毎回、牛乳乳製品の持つ栄養健康機能についての最新の研究成果や知見も報告されています。
毎回のセミナーの内容は、下記のニュースレターとして取りまとめられています。
牛乳乳製品の栄養健康に関する最新の情報がご覧いただけますので、どうぞご活用ください。

2004年11月1日

第6回 メディアミルクセミナー ニュースレター

このセミナーの内容をまとめたニュースレターです

ダウンロード

その他のメディアミルクセミナー ニュースレターはこちら

メディアミルクセミナーニュースレター 

ページトップへ