• 食育教材
  • 貸し出し教材
  • 食育指導サポーター
  • 報道用基礎資料
  • 調査報告
  • 研究論文

報道用基礎資料 認知症とその予防 - 生活習慣・食生活の改善へ向けて

報道用基礎資料のご案内

認知症とその予防 - 生活習慣・食生活の改善へ向けて

Jミルクでは、生活者の課題解決に役立てるため、牛乳乳製品の価値情報等をご提供いたします。

今回は、東京大学大学院医学系研究科 加齢医学講座老年病学准教授の小川純人先生 監修による「認知症とその予防 - 生活習慣・食生活の改善へ向けて」の情報です。
詳細はPDFファイルをダウンロードしてご活用ください。

目次

1.データで見る、認知症の今
(1)認知症患者数の将来推計 P.1
(2)タイプ別認知症の有病率  P.3
(3)認知症の男女差・発症年齢  P.4
(4)認知症リスクの地域差  P.5

2.認知症の原因
(1)認知症の特徴的症状とその原因  P.6
(2)三大認知症の原因  P.7

3.認知症の経済的影響
(1)認知症の社会的コスト  P.8
(2)将来推計  P.9

4.認知症予防に向けて
(1)この人に聞く、認知症予防と生活習慣  P.10
(2)この人に聞く、認知機能と牛乳乳製品の関連  P.13
(3)その他、認知症予防法あれこれ P.15

2016年12月8日

認知症とその予防 - 生活習慣・食生活の改善へ向けて

本資料監修:小川 純人先生
東京大学大学院医学系研究科 加齢医学講座老年病学准教授

平成5年東京大学医学部医学科卒。平成6年JR東京総合病院内科、平成13年米国カリフォルニア大学サンディエゴ校留学、平成17年東京大学医学部付属病院老年病科助手、文部科学省高等教育局医学教育課参与(兼任)、平成18年東京大学医学部付属病院老年病科助手・医局長、平成20年同病院老年病科講師・病棟医長、平成23年同病院老年病科講師・外来医長、平成25年東京大学大学院医学系研究科加齢医学講座老年病学准教授。

ダウンロード

参考資料

急増する認知症の予防:食事の重要性とミルクの効用(2013)  Jミルク
牛乳・乳製品と認知機能との関連(2016) Jミルク
はじめましょう 認知症を防ぐ食生活(2016) Jミルク

報道用基礎資料の一覧はこちら

報道用基礎資料 

ページトップへ