• 食育教材
  • 貸し出し教材
  • 食育指導サポーター
  • 報道用基礎資料
  • 調査報告
  • 研究論文

報道用基礎資料 牛乳・乳製品摂取と生活習慣病発症に関する最新情報

日本人に多い脳卒中・糖尿病での予防効果に注目!

報道用基礎資料のご案内

牛乳・乳製品摂取と生活習慣病発症に関する最新情報 - 日本人に多い脳卒中・糖尿病での予防効果に注目!-

Jミルクでは、生活者の課題解決に役立てるため、牛乳乳製品の価値情報等をご提供いたします。

今回は、生活習慣病予防研究センター 代表、適塩・血圧対策推進協会 代表理事 岡山 明先生監修による「牛乳・乳製品摂取と生活習慣病発症に関する最新情報 - 日本人に多い脳卒中・糖尿病での予防効果に注目! -」です。
詳細はPDFファイルをダウンロードしてご活用ください。

目次

Prologue オトナになっても摂ってほしい牛乳・乳製品 p.01

Part1 生活習慣病を知る p.02
(1)生活習慣病の行き着く先 p.02
(2)日本人の循環器疾患の特徴 p.03
(3)循環器疾患の危険因子 p.05

art2 牛乳・乳製品と生活習慣病
p.06
(1)牛乳は動脈硬化の原因にならない p.06
(2)栄養成分が示す健康パワー p.08
(3)日本人に多い脳卒中予防に貢献 p.09
(4)データでみる生活習慣病予防 p.10
 
参考 正しいデータ解釈のために
──疫学研究の解説 p.14
 

2017年12月28日

牛乳・乳製品摂取と生活習慣病発症に関する最新情報 - 日本人に多い脳卒中・糖尿病での予防効果に注目!-

本資料監修:岡山 明 先生
生活習慣病予防研究センター 代表、適塩・血圧対策推進協会 代表理事

1982年労働福祉事業団大阪労災病院内科研修医、1983年大阪大学助手(医学部環境医学)、1989年滋賀医科大学講師(医学部保健管理学)、1999年岩手医科大学教授(医学部衛生学公衆衛生学)、2004年国立循環器病センター部長(予防検診部)、2007年公益財団法人結核予防会常任理事、第一健康相談所長、2014年5月合同会社生活習慣病予防研究センター代表就任、現在に至る。厚生労働省などの委員をはじめ、医療保険者、各種ベンダー、保健事業へのコンサルティング実績多数。

ダウンロード

報道用基礎資料の一覧はこちら

報道用基礎資料 

ページトップへ