• 食育教材
  • 貸し出し教材
  • 食育指導サポーター
  • 報道用基礎資料
  • 調査報告
  • 研究論文

学校における 食物アレルギー対応 最前線

全4ぺージ

学校における 食物アレルギー対応 最前線

近年、学校現場における食物アレルギーの問題が注目されるようになってきました。栄養教諭や学校栄養職員(以下、栄養教諭)にとって、アレルギーを有する児童生徒に対して安全性を確保しつつ良好な栄養状態を保つのは難しく、対応に苦慮する場面もあるのではないでしょうか。

栄養教諭が食物アレルギーに対する正しい知識を持つことは、他の学校教諭や給食現場、保護者、医師らと連携しながら学校での取り組みを進めていくための基礎となります。

ここでは、アレルギー疾患研究の最前線に立ち、ガイドライン策定や啓発活動の中心となっている国立病院機構相模原病院の海老澤元宏先生と昭和大学の今井孝成先生に監修いただき、食物アレルギーの基礎および正しい診断方法、ガイドラインに基づく治療や栄養指導について解説します。


監修 : 国立病院機構相模原病院臨床研究センター アレルギー性疾患研究部長 海老澤元宏
昭和大学小児科学講座 講師 今井孝成

2013年4月1日

学校における 食物アレルギー対応 最前線 ダウンロード

medical Asahi 別冊

ダウンロード

学校における 食物アレルギー対応

ページトップへ