• 食育教材
  • 貸し出し教材
  • 食育指導サポーター
  • 報道用基礎資料
  • 調査報告
  • 研究論文

牛乳は生きている -味覚の基本と牛乳の特性-

味覚教育の専門家の監修により、味や風味の基礎知識をまとめました。

牛乳は生きている -味覚の基本と牛乳の特性-

内容

1 味覚を決める要素とは
 1 食品の状態によって変わるおいしさ
 2 食べる人の状態によって変わるおいしさ
 3 年齢によって変わるおいしさ

 今すぐ使える授業プラン
[味覚授業] 味覚の多様性 ■このページの紙芝居とワークシートは次のページからダウンロードしていただけます。
牛乳は生きている 付属 今すぐ使える授業プラン

2 牛乳の味を決める要素とは
 1 牛乳はコーラと同じ工業製品? それともリンゴと同じ農産物?
 2 乳牛による要素
 3 牛乳工場による要素
 学校給食牛乳における異味・異臭に関する発生事例

今すぐ使える授業プラン
[給食指導] 季節により牛乳の乳脂肪分は変化する!? ■このページの紙芝居とワークシートは次のページからダウンロードしていただけます。
牛乳は生きている 付属 今すぐ使える授業プラン

3 牛乳をおいしく学校に届けるための工夫

 1 牛乳を安全に届けるための法律
 2 酪農家と牛乳工場の取り組み
 3 食品のポジティブリスト制度と牛乳・乳製品

 [給食便り] 同じ「牛乳」でも、味の違い

2014年10月1日

牛乳は生きている -味覚の基本と牛乳の特性-

PDFファイル(3.1MB)

ダウンロード

リーフレットはこちら

この冊子の内容をリーフレットにまとめましたので、あわせてご活用ください。

もっと知って、もっとおいしく 牛乳は生きている

ページトップへ