• 食育教材
  • 貸し出し教材
  • 食育指導サポーター
  • 報道用基礎資料
  • 調査報告
  • 研究論文

知っていますか?カルシウムの”吸収率”のこと

吸収率に注目して、カルシウム摂取を効率アップ

リーフレットのご紹介

吸収率に注目して、 カルシウム摂取を効率アップ

私たちの健康に欠かせないカルシウム。
牛乳乳製品や小魚、野菜など身近な食品に多く含まれることはよく知られています。では、カルシウムの吸収率の高い食品はご存知でしょうか。
食品の栄養素は、食べた量がそのまま体内に取り込まれるのではなく、一部は吸収され、残りは排出されます。
この吸収率は、食品によって差があるのです。食品ごとの吸収率を知って、毎日しっかりカルシウムを摂りたいですね。

40%ものカルシウムを吸収 できる、牛乳の栄養バランス

  牛乳はカルシウムが豊富なだけでなく、吸収率がもっとも高い食品のひとつです。コップ1杯(200ml中)に含まれるカルシウムは227㎎で、吸収率は40%。
小魚や野菜に比べ
て、より多くのカルシウムを効率よく摂ることができます。
これは、牛乳中のカルシウムとリンのバランスが、カルシウムの吸収に理想的であるほか、乳糖やカゼインホスホペプチド(CPP※)の作用と考えられています。
また、日光を浴びるとつくられるビタミンDも、カルシウム吸収をサポート。
牛乳を飲んで、外で体を動かすと、吸収効率がさらにアップします。

※CPPは牛乳のたんぱく質を消化する過程で生成されます

カルシウムの豊富な牛乳で、 子どもの元気な成長を応援

 体内に吸収されたカルシウムは、筋肉の収縮、神経伝達、骨や歯の形成など、体づくりに利用されます。
骨も皮膚と
同じように代謝しており、全身の骨は生涯、生まれ変わり続けます。
成長期には骨を大きく強くすることにも使われる
ため、伸び盛りの子どもは、大人以上にカルシウムが必要なのです。
カルシウムを手軽に効率よく摂れる牛乳は、子どもの成長を応援してくれる心強い味方です。


生涯にわたって生まれ変わる骨のために
カルシウムを摂り続けることが大切


 

リーフレットのダウンロードはこちら

■PDFファイル 1.9MB

■PDFファイル 0.9MB

表面                      裏面


 

ツール 「めざせ、カルシウム1日600mg!」

カルシウムをどれくらいとれているかチェックしてみましょう。

■PDFファイル 0.7MB

■PDFファイル 0.4MB




リーフレットご使用上のお願い

○PDFをダウンロードしてそのまま印刷してご使用いただけます。
○リーフレットは両面仕様です。内容の変更はご遠慮ください。
○牛乳乳製品の客観的データ等に基づく一般的な情報を活用いただくためのリーフレットです。特定のブランド・商品に関連させたご使用はご遠慮ください。

リーフレットについてのお問い合わせ

Jミルク マーケティンググループ TEL 03-6226-6352

その他の印刷用リーフレット

2015年12月3日

ページトップへ