• 食育教材
  • 貸し出し教材
  • 食育指導サポーター
  • 報道用基礎資料
  • 調査報告
  • 研究論文

学校で食べる給食は 誰のため?何のため?

給食は子どもの成長をお手伝いしています

学校で食べる給食は 誰のため?何のため?

給食は子どもの成長を お手伝いしています

学校給食のエピソードは、楽しみにしていた献立やユニークなご当地メニュー、毎日あった牛乳のことなど、さまざまです。
みんなが食べてきたものだから、世代や地域をこえて共有できますよね。でも学校給食の役割は、お腹を満たす食事の提供だけではないことを知っていましたか?
役割を知って、一緒に子どもの成長を応援したいですね。

子どもの食生活を豊かにする - 学校給食で学ぶこと-

日本の学校給食は、法律に基づいて教育活動の一環として実施されています。
子どもたちは、栄養バランスや食習慣の知識、食
べ物を大切にする気持ちなど、学校給食を通じてたくさんのことを学びます。
みんなと食べる楽しさで苦手なものが克服できたり、「いただきます」や「ごちそうさま」の意味を学んだり。
毎日の給食は、子どもの食生活を豊かにするお手伝いをしています。
 

1日のバランスを整える - 学校給食の栄養-

食事を毎食しっかり準備することは、忙しい家庭ではなかなか難しいものです。
学校給食の栄養は、家庭で不足しがちな栄養素を考えて細かく決められています。
たとえばカルシウムもそのひとつで、給食1食で子どもが1日に必要とする量の約1/2が摂れるように工夫されています。
栄養の専門家の考えた健康的な食事が、1日1食提供されていることは、保護者にとって心強いですね。
 

将来の骨の健康をつくる -子どもにとっての牛乳-

育ち盛りの子どもにとって、カルシウムは骨の成長のために待ったなしで必要な栄養素。
学校給食では、この時期にしっかり摂って、骨量のピークをできるだけ上げさせてあげたいと願っています。
たとえば牛乳なら1本(200ml)で227mgを手軽に摂ることができます。
家庭でもカルシウムの摂取を意識して、子どもの骨の成長を応援してあげましょう。
 

リーフレットのダウンロードはこちら

■PDFファイル 1.3MB

■PDFファイル 0.8MB

表面                      裏面



 

リーフレットご使用上のお願い

○PDFをダウンロードしてそのまま印刷してご使用いただけます。
○リーフレットは両面仕様です。内容の変更はご遠慮ください。
○牛乳乳製品の客観的データ等に基づく一般的な情報を活用いただくためのリーフレットです。特定のブランド・商品に関連させたご使用はご遠慮ください。

リーフレットについてのお問い合わせ

Jミルク マーケティンググループ TEL 03-6226-6352

その他の印刷用リーフレット

2016年3月31日

ページトップへ