「世界の酪農情況のデジタル化事業」に関する事業協力者の募集について

お知らせ

「世界の酪農情況のデジタル化事業」に関する事業協力者の募集について

一般社団法人Jミルク(以下、Jミルク)では乳製品国際規格策定活動支援事業において、「世界の酪農情況のデジタル化」に関する事業協力者を募集します。
事業への協力を希望される方は下記に従いご応募ください。
  • 第1 趣旨
 Jミルクでは、酪農乳業の共通課題に対する取り組みや国産牛乳乳製品の価 値向上を図る観点から様々な情報の収集・提供を行っており、酪農乳業を取り 巻く環境がグローバル化する中、情報の更なる強化、迅速な提供を推進する。 また、本年度3月以降、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、Web会 議やデータでの情報提供などデジタルシフトに対応するため、Web会議での円 滑な情報照会・共有や関係する酪農乳業関係者や研究者への情報提供を可能とする必要がある。
 ついては、IDFが過去20年間冊子で刊行している「世界の酪農情況」に関 する統計情報をデータベース化し、国内酪農乳業関係者や研究者が自由にアク セスできる環境を構築する。
  • 第2 対象事業
 「世界の酪農情況のテジタル化事業」
  • 第3 応募資格
 本事業を実施する経験及び能力を有し、業務及び経理等について適切かつ効率 的な管理体制をもつこと。
  • 第4 応募手続
 1.募集期間
  2021年1月25日(月) から 2021年1月29日(金)
 2.応募方法等
  (1)別紙2「事業協力参加表明書」により、事業に関する提案書(以下「企画提 案書」という。)を1部(※)添付し2021年1月29日(金)までに「応募・照会等 窓口」に提出すること。
  (2)提出はa)持ち込みb)郵送c)メール添付のいずれかの方法による。提出する場 合は、いずれも期間内必着とする。*a)の持ち込みはできるだけご遠慮ください。
  <持ち込み受付時間等>
  (受付曜日)火曜日 ~ 金曜日(祝祭日を除く)
  (受付時間)9時 ~ 17時
 3.その他
  応募に係る費用は一切支給しないものとする。
  • 第5 企画提案書
 1. 企画提案書は以下の項目について記載すること。
  書類の様式等は定めないが、1事業あたりA4版10ページまでに取りまとめることとする。(表紙・会社概要・見積書は含めない)
  (1) 実施計画、実施方法及び実施体制
  実施計画・内容・スケジュールを記述すること。また社内の実施体制、責任者、必要に応じて主要なクリエーター及びライター、パートナー会社等を明確にすること。
  (2) 事業に必要な経費及びその積算内訳(見積書)
  なお、企画費・管理費等については、その合理的根拠を明確にすること。
  例えば、企画及び管理に必要な作業量やその単価等。
  (3) 関連事業の実績
  事業毎に類似する実績があれば記載すること。
  (4) その他参考となる資料

 2.提出された企画提案書は次の通り取り扱うこととする。
  (1) 企画提案書は返却しない。
  (2) 企画提案書は採点等本事業にかかる事務手続以外の目的に使用しない。 
  • 第6 事業協力者の選定等
 1. 事業協力者の選定については、企画提案書を選定会議で審査することにより行う。なお審査を行う上で必要があるときは参加者に対し企画提案書の内容について説明を求めることがある。

 2. 選定の基準は①企画内容、②価格の順に選定することとする。

 3. 選定結果は2021年2月12日(金)までにすべての参加者に通知する。
  • 第7 事業実施等
事業実施内容は、Jミルクの事業計画及び予算を踏まえ、企画提案内容を両者で協議のうえ決定する。実施期間は、最大で契約の日から2021年3月末日までとする。
  • 第8 応募・照会等窓口
本事業の詳細のお問い合わせは下記宛てにお願いします。

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-20 お茶の水ユニオンビル5階
一般社団法人Jミルク 生産流通グループ
TEL:03-5577-7493
担当者: 山崎 将至 m-yamazaki@j-milk.jp
※担当が在宅勤務の場合があります。お問い合わせは、上記メールをご利用ください。

応募要領

こちらからダウンロードしてください。