• 食育教材
  • 貸し出し教材
  • 食育指導サポーター
  • 報道用基礎資料
  • 調査報告
  • 研究論文

紙芝居「二人のユースケ」

2018年2月末をもって貸し出し事業を終了しました

2018年2月末をもって貸し出し事業を終了しました

2018年4月以降のご返却はこちらまでお願いいたします。

一般社団法人Jミルク
〒104-0045 東京都中央区築地4-7-1 築地三井ビル5階
電話 : 03-6226-6351
 

紙芝居「二人のユースケ」





【対象:小学校・高学年】

 中学校入学を間近に控え、小学校高学年は健康な体の基礎づくりのための大切な時期に当たります。成長期の子どもの健康に必要なポイントは、食事、運動、休養・睡眠といわれますが、特に食事は健康の土台をつくるかなめです。
 食生活をとりまく環境は大きく変化し、豊かになった反面、食事内容が偏ったり、運動不足によって生活習慣病の発生などが大きな問題になっています。子ども時代、特に大人の体がつくられる小学校の高学年から、正しい健康情報を伝え、健康を保つための食生活を自分で管理でき、今の食生活が将来の自分の健康に大きく関わることを効果的に指導していく必要があります。
 「二人のユースケ」は、「食事に関する指導」を紙芝居という手段によって、毎日の食生活をどうすべきかを親しみやすく伝え、子ども自身の将来の健康的な生活にとって「給食」及び「牛乳に含まれるカルシウム」がいかに重要であるかを考えさせるきっかけとなるよう描かれています。
 啓発指導用の資料として、学習や指導にお役立てください。

【あらすじ】

下校途中、一人で土手に腰をおろすユースケ。そこに「20年後の君だ」と名乗る男の人が現れる。男は、最近体の調子が悪く、それが小学校時代のひどい食事のとり方に原因があると伝えるためにやってきたのだというのだが…。


2018年3月1日

貸し出し教材のご案内

貸し出し教材のご案内
※2018年2月末をもって貸し出し事業を終了しました

ページトップへ