keyword search

バターの上手な保存法

豊かな香りと風味を持つバターは、温度や空気、光に敏感な食品で、保存方法が悪いと風味も悪くなり変質してしまいます。以下の点に気をつけ、上手に保存しましょう。
必ず冷蔵する:バターは必ず冷蔵してください。10℃以下が適温です。バターは28~33℃くらいで溶けてしまいます。保存中に温度が高くなり一度溶けてしまうと組織が壊れ、再び冷蔵して固めてももとのような風味や口あたりには戻りません。
酸化を防止する:使い残しのバターは密封容器に入れたり、ラップで包むなどしてください。長期間空気に触れると脂肪が酸素により酸化し、イヤな匂いが生じたり変色したりすることがあります。
他の食品の匂い移りを防ぐ:匂いの強いものと一緒に置かないようにしましょう。冷蔵庫の他の食品の匂いを吸着してしまいます。
缶入りバターも冷蔵保存:缶入りバターも冷蔵保存が必要です。缶入りバターは、紙箱包装のものより空気の出入りがなく光も通さないので、風味を長く保つことができます。しかし、いわゆる缶詰ではありませんので、紙箱入りバターと同じように必ず冷蔵保存してください。
バターは冷凍保存も可能:バターは80.0%以上の乳脂肪分の中に少量の水分が分散している乳化物なので、冷凍後、解凍しても組織への影響はほとんどなく、家庭のフリーザーでの冷凍保存ができます。