生乳中の アフラトキシンM1検査について

 酪農乳業では、食品中に残留する農薬等に関するポジティブリスト制度と同様に、安全管理システムが機能していることを確認するために、2021年11月29日から2022年1月11日にかけて、「乳に含まれるアフラトキシンM1の取扱いについて(平成27年7月23日付け厚生労働省食安発0723第1号)」の通知を踏まえ、生乳中のアフラトキシンM1検査を実施しました。
 その結果につきまして、以下の通り、ご報告いたします。