J-MILK REPORT
(Jミルクリポート)

J-MILK REPORT (Jミルクリポート) のご案内

Jミルクの事業内容や酪農乳業関係の皆様のご活動を紹介している広報誌です。(年4回発行)
「読みたくなる」「集めたくなる」「家に持ち帰りたくなる」をキーワードに、2020年度より誌面をリニューアルしました。
バックナンバーもこちらからご覧いただけます。

ミルクサプライチェーンに関わる皆様限定で、冊子での配布も受け付けております。
ご希望の際は下記までご問い合わせください。

お問い合わせ先 
一般社団法人Jミルク コミュニケーショングループ
TEL:03-5577-7494
FAX:03-5577-3236
E-mail:info@j-milk.jp
  • J-MILK REPORT vol-38
    AUTUMN 2020

バックナンバーはこちら

PDFデータをダウンロードしてご覧いただけます。

2020年度

●j-milkリポート vol-38(5.5MB)
AUTUMN 2020(2020年10月発行)

vol-38からの記事を一部掲載しています。
・2-5ページ 座談会
 山岸牧場(北海道 士幌町)北出 愛 氏
 大山乳業農業協同組合 総合企画室 係長 福井 大介 氏
 全国農業協同組合連合会 酪農部 生乳課 戸川 美子 氏
 「コロナ後の社会に対応するコミュニケーションのあり方

・6-8ページ ミルクバリューチェーン
 コーシン乳業株式会社 代表取締役社長 古谷 恒夫 氏
 「安全安心な牛乳を生む品質への熱意と地域のご縁


●j-milkリポート vol-37(5.8MB)
SUMMER 2020(2020年7月発行)

vol-37からのweb限定版を掲載しています。
・2-3ページ ミルクバリューチェーン 特集1
 中央製乳株式会社 代表取締役社長 川澄 宏匡 氏
 「地域の酪農と共に歩む 83年の歴史を振り返る

・4-5ページ ミルクバリューチェーン 特集2
 有限会社戸田乳業 代表取締役社長 戸田喜裕 氏
 「新常態で変わる地域の暮らしとミルクバリューチェーン

・6-7ページ ミルクバリューチェーン 特集3
 筑波乳業株式会社 代表取締役社長 梅澤 弘 氏
 「生産基盤を全力で支える 東日本の需給調整の要

・8-11ページ 座談会
 名古屋大学大学院 准教授 竹下広宣 氏
 北海道大学大学院 講師 清水池義治 氏
 「ニューノーマル時代」の持続可能な酪農の姿とは


●j-milkリポート vol-36(12MB) 
SPRING 2020(2020年4月発行)
*今号の現地取材は都府県や政府による外出自粛要請前に行ったものです。

vol-36からピックアップした記事を詳細版として掲載しています。
・3-4ページ 特集インタビュー
 全国酪農青年女性会議 委員長 小森 崇宏 氏(栃木県・小森牧場代表)
 「乳・酪農には“価値”がある 若手に“好機”のメッセージ 「提言」を読んで」
・6-7ページ ミルクバリューチェーン
 株式会社ホリ乳業 代表取締役 堀 初治 氏(石川県)
 「“この指とまれ”の精神で地域の力を経営に生かす」

2019年度

●j-milkリポート vol-35(1.8MB)
2020.WINTER(2020年1月発行)

●j-milkリポート vol-34 PDF (2.1MB)

2019.AUTUMN (2019年10月発行)
vol-34からピックアップした記事を詳細版として掲載しています。

・8-9ページ 酪農家と共に地域の幸せな暮らしに貢献したい

・12ページ 乳の健康効果を「実感」してもらうために

●j-milkリポート vol-33 PDF (1.9MB)
2019.SUMMER (2019年7月発行)
vol-33からピックアップした記事を詳細版として掲載しています。

・10ページ 120年の歴史を持つ地域酪農と共に歩む

●j-milkリポート vol-32 PDF (2.1MB)

2019.SPRING (2019年4月発行)

2018年度

2017年度

●j-milkリポート vol-28 (2.47MB)
2018.SPRING (2018年4月発行)
vol-28からピックアップした記事を詳細版として掲載しています。

・6ページ  健康効果を分子レベルで解明へ - 牛乳乳製品の可能性を深掘りする -

・裏表紙  牛乳の日・牛乳月間 特設サイト ※音楽が流れます。音量に注意してください。

●j-milkリポート vol-27 (1.80MB)
2018.WINTER (2018年1月発行)
vol-27からピックアップした記事を詳細版として掲載しています。

・2ページ  食を科学的に理解する教育を -知識を活用して判断する力を育てる-

・14ページ  地域の酪農家と共に10年後のビジョンを描く -大山乳業農業協同組合の取り組み-

●j-milkリポート vol-26 (2.05MB)
2017.AUTUMN (2017年10月発行)
vol-26からピックアップした記事を詳細版として掲載しています。
・2ページ  骨の健康とカルシウムの関係 - 医療現場に伝えたい最新研究の成果 -

・10ページ  Dairy Stockman-ship 酪農・牛の扱い心得と技

・13ページ  業界が思いをひとつに。酪農の特性を活かしては?

●j-milkリポート vol-25 (2.44MB)
2017.SUMMER (2017年7月発行)
vol-25からピックアップした記事を詳細版として掲載しています。
・11ページ  平成29年度 乳の学術連合・学術フォーラムのご報告 乳の学術連合のサイトへ

・13ページ  身近なミルクを通じて世界の食料問題を考えてほしい

2016年度

●j-milkリポート vol-24 (3.44MB)
2017.SPLING (2017年3月発行)

●j-milkリポート vol-23 (2.11MB)
2016.WINTER (2016年12月発行)

●j-milkリポート vol-22 (2.95MB)
2016.AUTUMN (2016年9月発行)

●j-milkリポート vol-21 (2.20MB)
2016.SUMMER (2016年6月発行) 

2015年度

●j-milkリポート vol-20 (2.10MB)
2016.SPRING (2016年3月発行)

●j-milkリポート vol-19 (2.73MB)
2016.WINTER (2016年1月発行)

●j-milkリポート vol-18 (4.17MB)
2015.AUTUMN (2015年10月発行)

●j-milkリポート vol-17 (3.70MB)
2015.SUMMER (2015年7月発行) 

2014年度

●j-milkリポート vol-16 (2.15MB)
2015.SPRING (2015年3月発行)

●j-milkリポート vol-15 (2.79MB)
2015.WINTER (2015年1月発行)

●j-milkリポート vol-14 (3.95MB)
2014.AUTUMN (2014年10月発行)

●j-milkリポート vol-13 (2.84MB)
2014.SUMMER (2014年7月発行)

2013年度

●j-milkリポート vol-12 (2.71MB)
2014.SPRING (2014年4月発行)
vol-12からピックアップした記事を詳細版として掲載しています。

・3ページ 【鼎談】日本食と乳の「融合」とは何か  -乳文化を考える視点を整理する-

●j-milkリポート vol-11 (3.11MB)
2014.WINTER (2014年1月発行)

●j-milkリポート vol-10 (3.31MB)
2013.AUTUMUN (2013年10月発行)
vol-10からピックアップした記事を詳細版として掲載しています。

・3ページ 消費者の潜在ニーズに届く、牛乳の価値提案とは -「未来店舗」に見る売り場づくりのヒント-

●j-milkリポート vol-9 (3.48MB)
2013.SUMMER (2013年6月発行) 

2012年度

●j-milkレポート vol-8 (2.04MB)
2013.SPRING (2013年4月発行)

●j-milkレポート vol-7 (2.07MB)
2013.WINTER (2013年1月発行)

●j-milkレポート vol-6 (1.51MB)
2012.AUTUMUN (2012年10月発行)
vol-6からピックアップした記事を詳細版として掲載しています。

・3ページ スポーツ科学で国際競技力向上を支援

●j-milkレポート vol-5 (1.56MB)
2012.SUMMER (2012年7月発行) 

2011年度

●j-milkレポート vol-4 (1.04MB)
2012年3月

●j-milkレポート vol-3 (874KB)
2011年12月

●j-milkレポート vol-2 (687KB)
2011年9月

●j-milkレポート vol-1 (3.44MB)
2011年7月
※vol-1の冊子をお持ちの方にお知らせ致します。
8ページ左欄のお名前と写真を、「社団法人全国牛乳流通改善協会 会長 松尾和重」様から「有限会社入間 社長 佐藤宗男」様に訂正致しました。こちらのPDFデータは修正済みです。関係者の皆さまには多大なご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。