「2021年度 酪農乳業の国際比較研究会」オンライン開催(ご案内)

開催案内

※ 終了しました。

持続可能な酪農を拡げる活動を考える
~英国と日本を比較しながら~

 2014年度より毎年開催している標記研究会は、本年度もオンライン開催といたします。
 本年度の研究会では、昨年度に引き続き、わが国酪農乳業の持続可能な発展方向について、これまで以上に議論を深める観点から、「持続可能な酪農をよりはやく拡げるために求められる活動や支援」について、日英の識者による報告2件と、日本の識者、酪農経営者によるパネル討論を行います。
 是非、ご参加いただけると幸いです。
■ 開催日時 : 2022年3月30日(水)13:30~16:00 予定
 ※ 終了時間は延長する可能性がございます。

■ 実施方法 : zoomウェビナーによるオンライン開催(後日オンデマンド配信予定)
 ※ 事前申込みしていただいた方々にオンデマンドのURLをご連絡予定。

■ 参加対象者:酪農乳業関係者、研究者、行政関係者、メディア等

■ 後援:農林水産省

■ お申込み方法:下記URL (Googleフォーム)からお申込みください。
 後日事務局より視聴用URL をご連絡いたします。
 https://forms.gle/FWPfACikioNgdPeq9

 ※ Googleフォームをご利用できない場合は、別添の参加申込書にご記入の上、メールにてお申込みお願いいたします。
  宛先:e-okajima@j-milk.jp(国際グループ 岡島)

 
【 開催プログラム(予定)】 

◇ 講演 
13:30~
(1)「酪農家が描く持続的酪農の姿」
   報告者:名古屋大学大学院 生命農学研究科 准教授 竹下 広宣 氏
(2)「英国におけるサステナブルな酪農」
   報告者:NFU(イングランドおよびウェールズ全国農業者連盟)
       チーフ酪農アドバイザー ジェームス・オズマン 氏

◇ パネルディスカッション 
14:30~
テ  ー  マ:「あらためて持続的酪農を考える」
論点提起: 福島大学 農学群 食農学類長 教授 生源寺 眞一 氏
登  壇  者:
<モデレーター>
 生源寺 眞一 氏(福島大学 農学群 食農学類長 教授)
<パネリスト>
 島崎 美昭 氏(有限会社 ジェイファームシマザキ 代表取締役会長)
 広野 正則 氏(有限会社 広野牧場 代表取締役)
 竹下 広宣 氏(名古屋大学大学院 生命農学研究科 准教授)
 岡田 直樹 氏(秋田県立大学 生物資源科学部 教授)
 清水池 義治 氏(北海道大学大学院 農学研究院 食料農業市場学研究室 准教授)
お問い合わせ
一般社団法人Jミルク 国際グループ
 東京都千代田区神田駿河台2-1-20 お茶の水ユニオンビル5F
 TEL:03-5577-7495 FAX: 03-5577-3236

<プログラム内容担当> 折原 淳 MAIL:
j-orihara@j-milk.jp
 <お申込み方法担当> 岡島 江里 MAIL:e-okajima@j-milk.jp