牛乳乳製品に関する食生活動向調査 2020

Jミルクでは、
1.わが国における牛乳乳製品の価値向上を推進し、戦略の構築と改善を行うための基本情報を得ること
2.Jミルクのマーケティング関連事業の効果検証の基礎とすること
を目的に、2012年度から「牛乳乳製品に関する食生活動向調査」を継続して実施しています。
2020年度も、10月に一次調査、2021年1月に二次調査を実施しました。
なお、2020年度は、一次調査、二次調査のほかに、コロナ禍による食生活への影響を追跡するために、1回目の緊急事態宣言下の4月、および第2波が懸念され始めた8月上旬にも追加調査を実施しました。
2020年度の調査結果の取り纏めは、これらの4回の調査結果を取りまとめたものであり、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが、食生活へどのような影響を及ぼし、消費者はどのように行動したかについて分析したものとなっています。

牛乳乳製品に関する食生活動向調査2020(要約版)

2020年度 要約版:4月23日公表

報告内容

1.コロナ禍による社会構造や消費構造の変化
2.コロナ禍における牛乳乳製品の購入・利用の変化
3.コロナ禍前と比べた、現在の牛乳利用の増加のパターン
4.牛乳乳製品の利用に関する利用増加者の声(2021年1月時点)
5.コロナ禍前と比べた、牛乳乳製品の利用意向と選択基準の変化
6.コロナ禍における食品市場
7.今後訴求していく牛乳乳製品の食品価値
8.総括

ダウンロードはこちら

牛乳乳製品に関する食生活動向調査2020 一次調査結果(速報版)

2020年度 一次調査(速報版)概要:1月15日公表

調査手法 :インターネットを活用した、消費者パネルに対する年1回のアンケート調査
調査時期 :2020年10月30日(金)~ 11月5日(木)
対象者属性:全国の15~79歳の男女
サンプル数:10,500人
割付   :2015年国勢調査の人口構成データなどを参考に、性別、年代、地域で割付け

報告内容

1.購入
 1. 牛乳類の購入頻度
 2. 牛乳類の購入量
 3. 牛乳類の購入頻度と購入量との関係
 4. 牛乳類の購入場所

2.飲用
 1. 牛乳類の飲用(利用)頻度
 2. 牛乳類の一日当たりの飲用量
 3. 牛乳類の飲用(利用)シーンについて
 4. 牛乳類の飲用(利用)方法

3.大切さと美味しさへの意識・認識
 1. 牛乳を大切に思う意識
 2. 牛乳を美味しいと思う意識

4.牛乳乳製品の良い話題/良くない話題
 1. 牛乳乳製品の良い話題/良くない話題の接触
 2. 牛乳乳製品の良い話題について

5.飲むべきでない気持ち(アンチミルク意識)
 1. 牛乳を飲むべきではないと思う意識
 2. 牛乳を飲むべきではないと思う理由について

6.牛乳への評価と食品の選択基準
 1. 牛乳という食品への認識・イメージについて
 2. 食品全般と牛乳乳製品の選択基準
 3. 食品全般の選択基準について
 4. 牛乳乳製品の選択基準について

7.乳和食・牛乳の日
 1. 乳和食への関与
 2. 牛乳の日の認知

8.酪農家、酪農・乳業への共感や認識
 1. 酪農家への共感意識
 2. 酪農乳業という産業への認識・イメージについて
 3. 酪農乳業への取り組み強化の期待について

9.紙パックのリサイクルと飲み残しの問題について
 1. 牛乳商品の「紙パック」のリサイクル意識について
 2. 牛乳商品の「紙パック」のリサイクル行動について
 3. 牛乳商品の「紙パック」のリサイクル方法の認知
 4. 購入した牛乳の飲み残しについて
 5. 飲み残した牛乳の処理について

10.コロナ禍での生活者の意識と行動変化
 1. 新型コロナウイルスへの不安意識
 2. 新型コロナウイルスに対する取り組みについて
 3. 健康に関する意識について
 4. 食事パターンの変化について
 5. 現在増えている食品について
 6. 牛乳乳製品の飲食機会の増加が止まった理由について
 7. 今後、購入や利用を増やしたい食品について

ダウンロードはこちら

牛乳乳製品に関する食生活動向調査2020 二次調査結果(データー版)

2020年度 二次調査(データー版)概要:4月23日公表

対象者  :15歳~60代男女
サンプル数:1000ss
調査地域 :全国
割付   :性年代×地域の構成比を国勢調査に出来るだけ準拠
調査手法 :インターネット調査
調査日  :2021年1月15日(金)~17日(日)

報告内容

1.コロナ禍前と比べた、現在の牛乳・乳製品の飲用利用の増加
2.コロナ禍前と比べた、現在の牛乳飲用利用の増加・全パターン
3.牛乳類・購入者の購入後利用者タイプ
4.購入回数・増加率 ⇔ 買物1回あたりの購入量・増加率
5.購入場所の利用頻度変化
6.牛乳・乳製品の利用意向変化
7.様々な食品の選択基準に関する意識の変化
8.新型コロナに関する「不安・怖い」の意識
9.新型コロナに関する「不安・怖い」の意識変化
10.新型コロナを意識した具体的な取組
11.新型コロナに関する対処の意識
12.新型コロナによる、在宅 ⇔ 外出の変化
13.太った意識 ⇔ 家計悪化意識
14.過去の緊急調査からの時系列データ比較
15.購入後利用者タイプ別の深堀
16.地域(在住者)別の深堀

ダウンロードはこちら

「牛乳乳製品に関する食生活動向調査報告」一覧