「2020年度 酪農乳業の国際比較研究会」オンライン開催(事前案内)

開催事前案内

持続可能な酪農の形成プロセスを考える!(仮題)
〜ヨーロッパと日本を比較しながら〜

平成26年度より毎年開催している標記研究会は、例年11月ごろ会議場で開催しておりましたが、新型コロナの感染拡大に対応し、本年度は、年度末にオンライン開催と致します。
本年度の研究会では、わが国酪農乳業の持続可能な発展方向について、これまで以上に議論を深める観点から、昨年度から継続する持続的酪農に関する国際調査研究で得られた成果を二つ報告し、その情報を基礎に、「持続可能な酪農が生まれるプロセスと条件、支援上の課題」について、日本とヨーロッパの取り組みを素材に比較検討いたしますので、是非、ご参加いただけると幸いです。
1 日 時 : 2021年3月26日(金曜日) 13:30~16:00
2 実施方法 : オンライン配信システムを用いて開催
 参加対象者: 酪農乳業関係者、研究者、行政関係者、メディア等
 参加申し込み方法詳細は、1月末ごろにご案内いたします。
3 開催プログラム(予定)
【講演】13:30~
 講演1 「消費者(市民)が支持する持続的酪農の姿~国際比較~」
  報告者:名古屋大学大学院 准教授 竹下 広宣 先生
 講演2 「酪農家は自らの持続性をどのように構築したか~オランダの事例から~(仮題)」
  報告者:秋田県立大学 教授 岡田 直樹 先生
 
【パネルディスカッション】14:20~
テーマ:「持続可能酪農を巡る人々の繋がりをどのように産み出すか- ヨーロッパと日本の事例から(仮題)」
 論点整理:福島大学農学群 食農学類長 教授 生源寺 眞一氏
 登壇者:
  モデレーター 生源寺 眞一氏(福島大学 食農学類長 教授)
  パネリスト
   竹下 広宣氏(名古屋大学大学院 生命農学研究科 准教授)
   岡田 直樹氏(秋田県立大学 生物資源科学部 教授)
   木村 純子氏(法政大学 経営学部 教授)
   清水池 義治氏(北海道大学大学院 農学研究院農業経済分野 講師)他
4 お問合せ
一般社団法人Jミルク 国際グループ 折原 淳
東京都千代田区神田駿河台2-1-20 お茶の水ユニオンビル5F
TEL:03-5577-7495
FAX: 03-5577-3236
MAIL: j-orihara@j-milk.jp

開催案内はこちらからダウンロードしてください