ミルクでヘルスケア

乳の知識トップ

ミルク美人のヘルスケア|体脂肪を効果的に減らして、ウエストすっきり からだにやさしい「牛乳ダイエット」

骨がスカスカになってしまう骨粗しょう症。お年寄りの病気と思われがちですが、最近は若い人の間に予備軍が増えています。

やせたい女性が増えるなか、さまざまなダイエット法が登場しています。
でも、減量ばかりを考えた無理なダイエットが体によくないことは周知のとおり。

2005年2月3日、東京・大手町で開催された「メディアミルクセミナー」で辻学園中央研究室の広田孝子先生から、牛乳をダイエットに取り入れると、骨や筋肉を減らさずに体脂肪を効果的に減らすことができるとの報告がありました。
日本では数少ない、若い女性を対象にしたダイエット研究の成果です。

今回はヘルシーな「牛乳ダイエット」に注目してみましょう。

将来、寝たきりにならないためにコツコツ予防、骨粗しょう症

骨がスカスカになってしまう骨粗しょう症。お年寄りの病気と思われがちですが、最近は若い人の間に予備軍が増えています。

従来から高齢の女性に骨が弱くなる骨粗しょう症が多いことは知られていました。
しかし、最近は若い人でも食生活のカルシウム不足や無理なダイエットによって骨粗しょう症予備軍が増えているばかりか、すでに骨粗しょう症に近い状態の場合もあるといいます。

牛乳はカルシウムを豊富に含み、またカルシウム摂取に適した食品です。
牛乳で効果的にカルシウムを摂って、骨粗しょう症予防に役立てましょう。

骨のはなし

国立科学博物館人類研究所/部長 馬場 悠男

縄文人の骨は丈夫だった!——人類がどう変わってきたのかを研究している、国立科学博物館の馬場悠男さんに「骨」の進化についてうかがいました。
国立科学博物館人類研究部(新宿分館)に収蔵されている日本出土の人骨資料は、現在約4,000体。
その多くは縄文や室町、江戸といった日本史の授業でもお馴染みの時代に生きていた人々の骨です。
遠い祖先の記憶がつまったタイムカプセルは、現代人に何を語りかけてくるのでしょうか。
人類研究部部長の馬場悠男さんにお話をうかがいました。

j-milk magazine ほわいと 2004冬号より

find New

理解が深まる
ミルク
ライブラリー

私たちのカラダや肌は、加齢とともに衰えていきます。これは当たり前の自然現象で、また避けて通ること...